社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

食戟のソーマの主人公が交代していた気がした2017年週刊少年ジャンプ35号感想その2

2017年週刊少年ジャンプ35号感想その2

読み切りは何かすごく感想書きづらかった…


・鬼滅の刃
・Dr.STONE
・食戟のソーマ
・ぼくたちは勉強ができない
・火ノ丸相撲



鬼滅の刃

余ってた善子もどうにか引き取られて、3人とも無事に潜入には成功したようです
でも肝心なのはそっからで、先に潜入してる宇髄嫁を上手いこと見つけられるかどうかが問題なのですが

炭治郎は持ち前の素直さで周りに気に入られているようですが、禰豆子ちゃんの箱はどうしてるんだぜ
新入りに自分の部屋とかが与えられるような環境なのかどうかはわかりませんが、絶対誰かが気にしそうなんですけども

あと、3人とも刀は持ってきてないんだよな?
女装しての潜入捜査に持ってくるわけはありませんから、これは思いがけず「遭遇」してしまった場合危なそうですね


それはそうと裏声で喋ってるのか炭治郎…
明確にウソを付く時は変顔になるけど裏声くらいなら何とかなるのかw

先週花魁道中で登場していた鯉夏と早くも接触した炭治郎
自分が探すべき相手である「須磨」の手がかりを求めて、慣れない嘘まで駆使しながら頑張っております

あんな嘘が通用してるのがありえないんですけどもねw
欲望と思惑が色々渦巻いてるだろう吉原なんて場所にあって、あの程度の嘘を信じちゃってやっていけるのかとw
そもそも女装して潜入してる時点で、このツッコミは野暮か(;^ω^)

炭治郎の探す「須磨」は、それらしい内容の日記を残して失踪
潜入がバレて、鬼に喰われた上で偽装工作までされているのだとしたらなかなかに狡猾な鬼ですね

さらにもう1人伊之助が雇われた先にいる「まきを」は、現在進行形で鬼に捕まっていました
これは、3つの場所のうち1つだけが鬼の根城だったのか、それとも複数またがって住処にしていたのかどっちなんでしょうか

複数にまたがっていたのなら、そのうち善逸がいるところにもやって来て、何か声なり音なりを聞かれそうな感じですが

でも宇髄さんよ
屋根の上で考え事してるのは結構目立つと思うんだ
嫁の忠告は大事にしとこうぜ


Dr.STONE

砂鉄集めに新顔が登場
顔を見られたくないとの理由でずっと何かかぶってるスイカだそうな

背丈からすると子供…か?

人手が要るを繰り返してる千空にとっては、自らやって来てくれるのは願ったり叶ったりでしょう
どんどん集めていよいよ鉄の精製に取り掛かることになりました


…が、製鉄やべーなおいw

人力でやろうとするとあんな凄まじいことになるんですか

必要な温度にまで火力を上げるために4人がかりでひたすら空気を送り続けて、それでも数十時間とか
絶対腕動かんわw

熱さにも耐えられんだろ

そこから一旦製鉄から離れて、人手集めを優先するという流れが自然でしたね

被り物に身を隠すことで誰の会話でも聞きにいけちゃうというスイカが、色んな人の好みを確かめてくるって流れになるようです
つまりは科学マン千空の知識と実行力、それとわかりやすい作画がまた色んなパターンで見られるということでしょうか
それはそれは実に楽しそうですね



さらに、物語の本筋の方もしっかり動いていたのがメリハリ効いております

石の世界にあって、桃太郎を知っているというコハクちゃんとクロム
誰から聞いたと問えば、ルリお姉さまだそうな

その他の難しい言葉も彼女から…ということで、どうやら病気の彼女には石化前の現代に通じる知識が幾分かあるらしいことが判明

「巫女」と言われているのはそれが理由だったりするんでしょうか
原始の彼らが知らない知識をもとに、実際の現象をわざと宗教的に説明することによって集団を統治するカリスマ性の源泉にしている…みたいな

で、その事実と知識は代々の巫女にのみ伝えられている…とか

そうなってくると、「病気」の真偽も怪しい可能性が出てきますね
色々知ってて導こうとしてくれるけれども、体が弱いというのは、周囲に健気さを感じさせて一気に祭り上げられるのに大分有効な手段ですからね

…と言って、ルリお姉さまが真からそれを望んでやってる腹黒とは思いませんが、果たしてどんなんなのでしょうか


食戟のソーマ

美作回
ていうかもはや美作が主人公のような勢いです

何という食戟の美作

十傑全員分コピーとか聞くだけで凄まじいんですけど、実際の見開きは想像以上にヤバかったwwwwww


ワニ顔の竜胆先輩は気持ち悪いことになってるし
司先輩はこの前一色先輩に負けてた奴にそっくりだし
紀の国先輩はツンデレがバレてるし

でも、ぬいぐるみに優しいもも先輩は何か違う気がするのである
引っ張る噛み付く締め付ける、が愛情表現らしいですからね

しかし叡山が一番違和感ないという不思議
これもう本人だよな?


さすがに、葉山を除く新十傑の2人のことまではコピーしてないんでしょうか
情報が少なかった…みたいな


で、従来通りコピーしまくった後に彼なりのアレンジを施すようです
勝敗の鍵はここにありますね

先週の感想で書いたとおり、見た瞬間コピーする美作のスキルはセントラルにとっては理想的な技術です
それを駆使して挑もうというのなら、セントラルがおこなう技法を全て理解した上で、その上を行く工夫が必要になるはず

その工夫にどういうものを持ってくるのか
美作戦に限らず、「ある基準」を満たしているものであることが勝利の条件だと想像しておりますが
果たして…


ぼくたちは勉強ができない

うるか回
これは戦線が動く…のか?

文字だけのラスゴマといい、その隣の柱文といい、どうやらキムチの再来にはならないようですが
これはどうするでしょうね

1つのポイントは、本人の口から聞いたわけではないというのが挙げられるでしょう

次回冒頭が、少し時間が飛んで場面が変わっていたりするのかどうかにもよりますが
周りの騒がしい会話に目が覚めたうるかが、話の流れを聞いて慌てて全否定しつつ一緒に部屋から出ていく…
けれども、主人公自体は聞いちゃった以上冷静ではいられない、ってだけではちょっと従来のラブコメと変化がなさすぎるかなという気もするのです

ここでは、ぜひとも主人公のイケメンな姿勢を見せて欲しいと思ったり

確かに聞いたし、動揺もしたけれど、人づての話であって本人の口から聞いたわけではない
さらに本人の口から聞くべき性質の内容でもあるからと、動揺はしても自分から何かをどうこうしようとはしない、とかさ

無闇に焦りまくって余計なことして泥沼化して、でも結局何とかなって結果オーライなどという楽な展開にはならないで欲しいですね


頑張ってるうるかの様子は見ていて非常に気持ちのいいものでしたし、
3ヒロインの中で勉強に精を出す理由が唯一恋愛感情なのもヒロインらしいものですし

うるか1番人気の理由がよくわかりますわ

次回、うるか本人はもちろん「それ」を否定することになるのでしょう
しかし唯我くんには、その言外の意図まで思いを馳せられるようになってて欲しい…

他人の口から伝わってしまったなんて、一番つらいのはうるかですからね
思いもよらないところで伝わってしまった本心について、いかに弁解・釈明するかなんて面倒くさいことをヒロインに任せない奴であって欲しい

これがコガラシくんなら、きっと上手に接してくれるんだろうという信頼感がありますが
果たして唯我くんの場合はどうでしょうか


火ノ丸相撲

意外と展開が早かったというべきか、予想通りというべきか…

1人に1週かけるようでは冗長に過ぎるとは思っていましたが、実際今週だけで2人が終わったと思うと駆け足なように見えるから不思議ですね


最初に土俵に上がったのは蛍
ジャンケンで決めたとか言ってますが、メタ的にも妥当な順番でしょう

ただしレイナが審判に入ることになるのは予想外でした
そういやあったねそんなことが…

新章にしてエピローグとなるこの送別相撲編ではマネ2人がどこにどう関わるかと思っていましたが
レイナはこういう形があったんですね

本人にとっては今や恥ずかしい過去でしょうが、彼女が明確に相撲に触れる最初となった出来事でもありました

で、レイナが出てくるとなればその兄貴である佑真ももちろん登場します

妹を守りたくて空手を覚え、一時は歪みながらも相撲と火ノ丸に出会って道を取り戻した佑真
立ち会いと同時に繰り出す全力の張り手は、なかなかの迫力となっていました

火ノ丸もまた、突き押しを得意とする佑真に合わせて突っ張りを繰り出す
それは当然火ノ丸のスタイルとは異なるものですが、お前と語り合うならこれしかあるまい、という気持ちなのでしょう

しかし、別の視点で見ると、それは同時に「相手の相撲をすべて受けきった上で勝つ」という横綱相撲であるとも言えます

相撲部の大将としての火ノ丸を角界へ送り出す送別の相撲ですから、それぞれが万感の思いを胸にそれぞれの相撲で挑んでくる
火ノ丸はそれをすべて受け止めた上で、自らの答えも返す

送別相撲として非常に正しい姿でありながら、一方では同時に火ノ丸がこれまで貫いてきた「横綱相撲」を改めて描いているものであると言えるでしょう


上手いこと描きますねえ川田先生


突き倒し?で敗れた佑真と、そんな兄を見て「あの頃」よりも格好良かったとの言葉を言えたレイナ
この兄妹の送別の形としては非常に綺麗にまとまりましたね

あとは、「火ノ丸の相撲が好き」との気持ちをレイナがどう伝えるか
さらに千鶴子ちゃんはその恋心をどうするのか、といったところなわけですが…

3人目は国宝喰いの國崎

佑真と同様に、火ノ丸を倒すことを目指して相撲を始めた彼の送別相撲はどんな内容となるでしょうか


次回は國崎と桐仁で、さらに次々回に部長とたっぷり語り合う感じかな?


 




COMMENT▼

No Subject

>鬼滅
うへぇ・・・
ド派手な殺し合い・・・一体何人の一般人が死ぬのかorz
それにしても忍びってそんな目立って良いのかw

>石
ルリの病気は流石に本当だと思いますが。
ふむ?そこまで疑いますか。
それがルリのフェイクだったら尊敬しますw
ルリも作者たちもrexelさんもw

>ソーマ
美作根性出したなw
しかし傍目に見ると随分シュールなw

>僕勉
流石にキムチ難聴は無いでしょう(^^;
しかしこれどないするんやw

>相撲
うんもう野暮は言わねえ続き見せろ

No Subject

・鬼滅
天元さんは気配を断って屋根の上にいるんだと思います。
派手好きなアホだけど、流石に時と場合は考えるハズ。でなきゃ妻帯なの許せん。
上弦が1匹、その配下が2匹。多分鯉夏が上弦。とベタなところを睨んでます。

・ドクスト
スイカは多分子供ではなく身長が低いだけで中学生くらいの年齢だと思います。
そしてきっと超可愛い顔してる。
ルリは恐らく「書物を読み、理解できる」人間。そして祭壇は「地下書庫」だと思います。
そこからルリの病気は「カビ」が原因かなと。そうならサルファ剤がドンピシャ。

・僕勉
多分唯我は聞かなかったことにする。でも意識しちゃうのは避けられないから、
うるかの態度や反応をみていく内にそれが真実だと認識する流れかなと。
来週の原稿寄こせ

セーフなシューダン

良く原稿通ったな!wwwwwwww

シューダン

ホントだよwww

シューダン

まあボトムズも載ったしセーフ

Re: No Subject

皆様コメントありがとうございます。
合併号の感想が遅れてたせいで、「セーフなコメント」まで配慮してもらいまして恐縮です。


>石
ルリお姉さまの病気については、まああくまで可能性の1つとして疑ってみました。さすがにそこまではないんじゃないかとも同時に思っておりますが、マジで当たってたら何かくださいw

文字を読めるというスキルの予想は当たってそうな感じがしますね。村の創始者が識字力を用いて統治する方法を採っていたのだとしたら、それを第第一族に飲み伝えているというのはありえそうです。そっから、カビが原因ってのもわかりやすいですね。

>鬼滅
鯉夏が上弦ですか?まさか…
さすがに炭治郎も気がつけるんじゃないですかね。上弦くらいになると鬼の気配を隠すのも上手くなるかもしれないと言っても、さすがに。

しかし、配下ってのはどうなのでしょう。本作における鬼は基本的に群れないという性質だったはずで、今まで炭治郎たちが戦ってきた鬼の中にも鬼同士で組織だって何かをしようとしてた奴はいませんでしたが。

唯一例外なのが累ですけど、あれは家族ごっこをしたかったという意味で組織とは別物と理解していいのではないかと思っております。
複数で動けと言われたなら別かもしれませんが、鬼舞辻以外の鬼は基本単独ではないかと。
あのブラック社長な鬼舞辻が、上弦になったからって部下を与えてくれるとは思えませんし。

それとも、累みたいな「組織ごっこ」をしたがる鬼もいるかな?

>勉強
何か感想界隈ではキムチを心配する声がやたら多かったようです。みんなまだ引きずってるんですね…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1361-4036a3ca

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター