社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

ジャンケン表紙が割と面白かった2017年週刊少年ジャンプ21・22合併号感想その2

2017年週刊少年ジャンプ21・22合併号感想その2

生まれついてのぼっち…(泣)


・ジャンケン表紙
・ROBOT×RASERBEAM
・こどもの日マンガ劇場
・食戟のソーマ
・ゆらぎ荘の幽奈さん


ジャンケン表紙

わざわざ見出しまでつけて表紙の感想書くってのも珍しいと思いますが、今週のこれは書かずにいられませんでした

まず試みとしてはまあ面白いかなと思ったのが1つ
もう1つは、作品内でのキャラ同士の関係性を反映させる形で描いてるのかなって思えたおかげで、深読み好きとしてそそられてしまったからですね


「表紙に登場する同じ作品のキャラとジャンケン」って企画で、何か色々と表情がついてますからその勝敗を受けてのリアクションなんでしょう

1人は主人公であるのは当然として、もう1人が誰になるのかなーと言うのが深読みポイントの1つで、次にその勝敗ですね


ワンピからはルフィとサンジ
これは今がサンジ編をやってる関係ですかね
勝敗がルフィの勝ちなのは、やはり船長として、あるいはジャンプ全体を引っ張る主役としての立場からでしょう

次にヒロアカからは出久とかっちゃん
主人公のライバルとしてはやっぱりかっちゃんなんですかね
出久の勝ちなのは主人公補正でしょうか

この2作品が表紙内に一度に2人登場させてる作品で、ここからは表紙をめくった次の部分にもう1人が描かれてる作品ですね

ワンピの2人に挟まれるおいしい位置にいるのはまさかの禰豆子ちゃん
センターカラーのおかげなんでしょうか
手を広げて横を見てる表情が何とも可愛らしい感じになっております
対するは兄貴の炭治郎

長男的に負けてあげてる感じなんだと思うんですけど、そういう表情に見えないのは何でなんだぜ

同じくセンターカラーのソーマからはえりな様がいつもの腕組みを崩してパーを見せてくれています
対する主人公創真は負けてることで思いっきり嫌そうな表情
これはガチなやつかなw

先週5周年突破の表紙&巻頭カラーだったハイキュー!!が意外にも表紙に2人登場じゃないんですね
影山と日向で、影山が負けてるのも意外だったりして
作中での2人の関係性からしたらあいこでもよかったんじゃないかと

だってブラクロから登場のユノとアスタはあいこですからねえ
よく見たらあいこになってるのってこの2人だけなんですよ
ライバル関係としてあいこになっちゃうのは大いにアリなんじゃないかと思いましたけど、
基本勝ち負けをつけてくださいって注文だったんですかね

でもブラクロは何の因果か免除されたとw

負けた主人公がめっさリアクションしてる磯兵衛
中島に負けたのがそんなにショックなのかw
そして中島も磯兵衛相手に勝ったことがそんなに嬉しいかw

銀さんも…別に新八に負けたくらいでそんな顔せんでもw
ひょっとして何か賭けてたんですか

左門くんもなかなかのリアクションを見せてくれていますね
てっしーがここぞとばかりにめっちゃパーを出してるところにグーを出しちゃってるからって
プライドが傷ついたとばかりに結構な表情を見せております
ヒロイン相手に負けてあげるくらいの甲斐性見せてもいいじゃないかと思うんですけども

コガラシくんみたいにねえ
これは完全に負けてあげてますよ
そして幽奈はそれに気づかずに喜んでますよ

しかしピースにも見えるヒロインのチョキ姿はちょっとかわいいな

同じようにピースなチョキをしてるヒロインは僕勉の2人でした
あれ、ここは2人一緒に登場でいいのかw
対するは主人公唯我くん…は負けてることにゲッってなってるな

あとマリーもピースしてますね
これはチョキっていうか完全にピースですよね
タイガが負けてるのはおかしな状態になってしまったことはもとより、事態が悪化してる今週の内容も踏まえてたり…はしないんだろうな

ピースじゃないけど「ヒロイン」に負けてあげてるのがネバランから登場のレイでしょうか
グーのように見える拳を突き上げた姿は、脱出に成功した本編のことも意識したものだったりするんですかね
さっきと違ってこっちは完全に意識してるでしょう
レイはその中で「負けた」と思ったわけですからね

意外に上手い組み合わせだと思ったのが斉木楠雄です
燃堂相手のジャンケンですが、バカ過ぎてテレパシーでも思考の読めない燃堂相手のジャンケンは
斉木も勝てるかどうかわからない勝負だからですね

ただ勝っても負けても別にどうでもいいというのも斉木の気持ちとして当然あったものと思いますがw


違う意味で意外な組み合わせだったのが、火ノ丸と國崎です
そこ國崎なんだ?っていう意外性ですよ
大関部長か佑真じゃないんですね
この2人じゃ仲間的感じが強すぎて、ライバルっぽいっていったら國崎なんですかね
さすがにこんなとこで久世とか持ってくる訳にはいかないですもんね


反対に主人公が「勝たせてもらった」っぽいのがポロでしょうか
これは親友のユウタくん負けてあげてる顔ですよね
すごい優しい顔してる
拳を突き出したグーの姿は、まるで友情の印のようです


ドクストからはもちろん千空と大樹で、千空が勝ってるのはジャンケンの頭脳戦的側面を強調したものなのでしょう
でも、ある意味これも斉木と燃堂みたいな感じで、千空としては大樹が何を出してくるか読めないっちゃ読めない感じだったようにも思えます

ナンバーワンからは零一とエージ
2人ともボケもツッコミもこなすことで関係の優位は目まぐるしく入れ替わったりしますが、
この表紙でのジャンケンではエージの勝ちでした
でももっかいやったらわからないと思うw

で、ドラマが読み取れないのがロボレザですよ
ロボと鷹山ってのはライバル関係的な感じからして当然の人選で、ロボが勝ってるのも主人公補正でもいいし作中の実力差でもいいですし
まあどっちでもいいやっていう感じです

そして一番深読みできないのがU19
主人公と委員長って人選はまあそうだろうなって感じで、主人公勝ってるのも、ああ…うんって感じ
何というかどうしようもないです

ボルトは…読んでないのでスルーで(;^ω^)


ROBOT×RASERBEAM

毎回いつも同じようにしか打てない、っていうことですかね
特性という長所のようでありつつ、欠陥と言える短所でもあると

でも繰り返し繰り返し打ちながら自分で原因を追究して修正できるのは、伸びしろがあると言えるのでしょう

ちゃんとしたコーチがちゃんとした指導をすれば、化ける…のかな?


ていうかようやくころでプロローグが終わった感じになるんですかね

ジャンプのいつもんパターンなら、これで部に入って、変な先輩たちが何人もいて、いきなりどっかと練習試合みたいになるわけですが
ゴルフでもそういう展開は可能なんでしょうか

ゴルフの練習試合ってどういう感じになるんでしょう?


こどもの日4コマ

一番面白かったのがまさかのポロでした…

そわそわしながら色気で誘おうとしてるルイカがやたら可愛いのです
yes枕てw

そして子供作る日じゃねえってオチが非常に秀逸でした


次に良かったのはペコマリかなー

色々混ざってる…が何か気に入りましたw

混ざってるのは節分とこけら落としか?
ていうか見た目は少年でも中身が姫ってのも「混ざってる」に入るんでしょうかw


技アリがゆらぎ荘
4コマが基本構成っぽいのに、3コマ分もぶち抜いてお風呂姿描くとかミウラ先生流石の一言です

違う意味の技アリが僕勉…かな?
謎現象で主要キャラ子供化させるという作品のフィクションラインを超えた設定がもう何というかどうしようもないのである


食戟のソーマ

センターカラーは紀の国先輩でした
和食ってことで和装に身を包んだ慎ましやかな姿で登場です

イメージは旅館みたいなところかな?

扉で持ってる品と本編で実際に出した品が違うのはお茶目と見たほうがいいんでしょうか

温故VS知新なんていうサブタイだった今週
内容は紀の国先輩の品出しだったわけですが、どういう意味なんでしょうね

確かな技術を発揮して作られたそば料理が、その通り美味いと評価された内容のどの辺に温故と知新の対立があったんでしょうか

あるいは片方が紀の国先輩で片方が創真ってことなんですかね

積み重ねてきた時間と技術が焦点となっているこの対決カード
たとえば、培ってきたそば打ち技術を存分に発揮して、シンプルなそば料理を出した紀の国先輩が温故で
「定食屋であること」を積み重ねてきたことで、「誰しもに開かれている」といった形でそば料理に対しても新たな地平を切り開こうとした創真は
知新である、とかそういうことでしょうか

それを執行官たちはどのように理解するんでしょうか

審査員たちの手配を誰がやったのかは結局触れられないままに実食が始まったことで、執行官たちをどういう立場として見たら良いのか
今ひとつわかりかねるのが正直なところ

ゲスい視点で言えば、脱ぎ要員の審査員が全然はだけてないあたりは紀の国先輩だめじゃん…って感じなんですけども

創真の品はどこまでのリアクションを引き出してくれるんですかね


そしてこの期に及んで全く様子が言及されない女木島先輩の勝敗やいかに…


ゆらぎ荘の幽奈さん

あれ…
招待状来たからには今回はその招待日当日かとばかり思ってましたが、全然そんなことはありませんでした

招待状の日付を見返してみると、コガラシくんの誕生日が13日で、式は15日になってますかね
で、13日の夜に拐われて、その晩は呑子さんや朧の看病をして明けてしまったので今は14日

式の前日なのか…
ていうか日付が変わった途端に儀式始めるんなら、当日も同然ですね
そりゃあ戦えるメンツもまだいるわけですから乗り込むか

しかしそうすると、千紗希ちゃんがいないところで決着してしまうとも思えませんから、この潜入は失敗してしまうだろうということになります

案の定…といったら作中で真剣にコガラシくんを救出に来た彼女たちに悪いですが、見つかってしまいました
变化解除の御札も早速破られて、幽奈は例の部屋に入ってしまって

この前の風呂場に続いて、バトル的側面を少し強調しつつ、本作らしいあられもない姿を描く感じですかね
でもそれもちょっと控え目にしておかないと、尻に敷く…じゃなかった支離式の儀本番のインパクトが薄れてしまいそうです

こけしのコガラシくんをひたすら谷間に挟んでるのは、ミウラ先生の「配慮」によるものなのでしょう
ある意味たわわチャレンジみたいなものといいますか

バスタオルでしっかり締めた谷間に挟んだまま歩いてきてるってのはなかなか背徳的ですね

敵相手に部屋を覗いてしまったことを謝る幽奈
別にそこは素直じゃなくてもよかろうに(;^ω^)


しかし、コガラシくんがぐったりしてるならチャンスですねこれは

同じ男に惚れた2人で語らう感じにでもなれば、面白いかもしれない…


 




COMMENT▼

No Subject

>表紙
別に勝敗は指定されてないと思いますよw
あいこがクローバーだけなのは、他の作者が気付かなかっただけではw
まぁこの意見は北区先輩の受け売りと言うか、一致した意見なんですけど。

>ゆらぎ荘
尻に敷く儀式ってなw
まんまじゃねえかw

>ソーマ
サブタイっすか。
僕は読んだ後、皆の記事のタイトルでサブタイ知ったんですけど(←
その瞬間に温故が紀ノ國先輩かなぁと思いましたよ。
まぁ後出しですけど。
表紙?何時から本編と同じと錯覚していた(←



ポロとU19が巻いて来ましたねぇ。

表紙
あの発想はありませんでしたね……

左門、これで少年漫画の主人公である

ROBOT×LASER BEAM
今回までがプロローグって感じですかねえ
主人公ライバルどちらの見せ場もあり中々良かったではないでしょうか
後はマネージャーと女子部員が出るかに期待ですかね

こどもの日劇場
ポロの4コマ構成力は凄いですね
権平先生のレッツハイキュー!!みたいな4コマがポロ終了後にひょっとしたら見れるかも?

食戟のソーマ
時をかける少女と言われて今の少年少女はどれだけ知ってるんだろう

個人的にこの食戟のソーマの
リアクション、コスプレはありだとは思うのですが、作品をもろ実食でパロディするのは作風的にやめた方が良いかなと思っていたりします

ゆらぎ荘の幽奈さん
コガラシは羨ましいなあ

Re: No Subject

-----------------
皆さんコメントありがとうございます。

>表紙
やっぱり勝敗までは言われずに、ただキャラ2人にジャンケンさせてってだけだったですかね。
あいこにさせたブラクロはなかなかの策士ですね。

>こどもの日劇場
ポロのまさかの構成力には驚かされました。GIGAの番外編にエロ描いてたのも割とイケてたという予想外のポテンシャル。

>ソーマ
実は時をかける少女を見たことなかった俺は何も言えませんでした。
ちなみに君の名はも見てないです(;^ω^)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1337-1d0958ac

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター