社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

車好き女子高生が織りなすほのぼのコメディ 『カーグラフィティJK』さきしまえのき

カーグラフィティJK

カーグラフィティJK さきしまえのき


何かまた珍しい作品を気に入ってしまいました

その名も『カーグラフィティJK』

シンプルに言うと、車と女子高生、っていう組み合わせのマンガです


これですね
先日記事にもしました『ディーふらぐ!』の10巻に挟まってたチラシで見かけて惹かれちゃった作品なんですよ

この表紙と同じ画像があって、車を背景に主役と思しき女子高生が1人微笑んでるという構図

そんでタイトルは『カーグラフィティJK』


ああ、女子高生をダシにしてマイナーテーマで作者が好きなこと描こうとするわかりやすい作品なんだな、
JKとか言ってとりあえず女子高生と絡ませておけば俺みたいな奴がホイホイ買うと思ってんだから…



よし買ってみるか



というわけで買ってみたんです
いや、一応試し読みも見たんですよ

2話まで読めたんですけど、その2話目のラストがやたら気に入ってしまいましてね

アレはなかなか好きでしたw
事前のフリというか伏線もしっかり効かせた上でのあのラストは上手い

その瞬間の彼女たちの表情も実に絶妙でした


あれで買い決定でしたね



で、実際のところ車と女子高生というのをどうやって描いていくのかといえば
「法律が変わって16歳から普通免許が取れるようになった日本」を舞台として、高校生になったばかりの3人の女子が
自動車部設立を目指して日々を送る…
というストーリー

これがなかなか面白く仕上がっていたんですよ


1巻では導入的な要素も強いんですが、それでも「車の楽しさを女子高生が味わう」というスタンスで描かれる物語は
こちらも読んでて楽しくなってくる感じがしてきて、作者が車大好きなんだろうなあという本音を感じさせます

帯では、今巻に収録されているお話が大きく3つに分けて紹介されていました



カーグラフィティJK帯


2CVでドライブ

サンバーで部員勧誘

先生の車格付けチェック


2CVとかなかなか知らない車ですが、作中では女子高生が普通に運転しております
ていうかこの車左ハンドル…

途中で釘踏んでパンクしたって時も自分らでタイヤ交換してましたよこの娘たち



学校のサンバーを借りて、選挙カーよろしく自動車部の勧誘をしようということになったのが
先ほど大いに気に入ったと述べた2話の内容です


で、地味に惹かれるのが先生の車格付けチェックですよ

これも上手い展開ですよね

自動車部の顧問になってくれそうな先生を探すのに、 乗ってる車を見て車好きな先生を見つけてみようという発想が実に自然です
車と女子高生というテーマで、ある意味避けて通れない展開ですね


で、放課後に教員駐車場をこっそり見張ってみたら


スパルタ系のいかつい体育教師が可愛らしい軽自動車に乗ってて、その上乗り込む時に頭打ってたり

体育教師とミラココア




超美人な養護教諭がまさかのベンツに乗ってたり

すごい養護教諭

養護教諭とベンツ



マンガらしいおもしろ展開になっております

この格付けチェック地味に好きだわw



ただ何よりも、今巻で最も作者が推したいと思っているのは
やはりドライブの話ではないでしょうか

車を持って、免許を持って、何をするのが一番楽しいって、たぶんドライブなんでしょうね
いや、俺は車好きというわけではないので実際のところはよくわかりませんが

それともう1つ、そのドライブをもっと楽しくするものが「友達」なのでしょう
1人で行くのもいいんでしょうけど、気心知れた何人かとわいわいしながら行くのがいい


なんてことないドライブだって、みんなと一緒ならきっと楽しい


作中に出てくるこのセリフが、車好きな人たちにとっての真実を表しているように思えます



…とまあ、こういうところがこのマンガの魅力なんですが
欠点らしいところも1つ挙げておきましょうか


何というかですね

キャラがちょっと弱いかなという気がするんですよね


メインキャラとなる3人の女子高生
彼女たちが自動車部として活動を始め、正式な部として認められるために色々やってみようとするのですが

まず、描き分けがあんまりできてないように思えます


試し読みを見てる時、途中で誰が誰だかわからなくなったんですよね
前のページからの会話の脈絡とか、前髪の分かれ方とか、そういうところで区別して読んでいました


あとは性格的な面でも

最初登場してきた時の印象だと、ここでこんな顔になるキャラか…?
と思ってしまうことが何度かありました

そういった部分で、キャラのわかりやすさはちょっと不親切かなと思ったり


ただよく考えると、別に間違ったキャラ造形でもないのかなとも思うんですよね

俺が今まで知ってる日常系作品が、こういうキャラだからだいたいこんな表情だし、こんな顔にはならない、こんな発想はしない、とか
そういう極端なまでにわかりやすい内面を持ったキャラたちばかり描いていることで、キャラの見方が超単純化されているのかな、と

実際の性格はもうちょっと複雑だったり意外だったりするところがあって当然ですから
第一印象だけでその後の言動を全て想像つけてしまうのは、変といえば変だよなあと

そう考えると、顔の描き分けはまあともかくとして、内面というか性格やリアクションとかの描写については
「そういうこともできるキャラなんだ」と受け取ればいいのであって、変に違和感を抱く必要はないのかなとも思います



それよりも、車と女子高生というわかりやすい組み合わせによるほのぼのな日々を楽しむのが
このマンガにおける正しい読み方なのでしょう


ガチの車好きな人は物足りないと思うかもしれませんが、「女子高生」の単語にとりあえずピクッとなる人は
たぶん向いてる作品だと思います


ちなみに試し読みはここからですよ
カーグラフィティJK - 無料コミック ComicWalker






 




COMMENT▼

No Subject

おやおやまた珍しいものに…

私の評価もほぼ記事と同じです。

JKがなんかしてる漫画に「マジ興奮する!」と以前言っていましたね。
いや…だいぶ表現盛ってる気がするな…まあいいか!w
ではこんなんどうでしょう。
「女子かう生」
http://webaction.jp/webcomic/joshikausei/

Re: No Subject

やはり、ラグエルさんから見ても意外な感じありますか?
どうしたんでしょうね、俺。

女子高生と日常系に惹かれてるあたりは前と変わってないと思うんですけども。

でも「マジ興奮する」とかまでは言ってないような(;^ω^)

「かう生」は、お話は確かに非常によくて、三角コーンを股に挟んで、前からはそそり立つものが突き出ていて後ろには穴がある、という状態が非常に業の深い姿だなとか思ったんですけども。サイレントというのはやっぱり物足りないですな。1人の女子高生を追いかけていく展開ならまだよかったんですが、何人も登場しているのに会話が描かれないのはとってももったいない。掛け合いを一切省略することで生まれている演出や感覚も確かにあるとは思うんですが…

こんなふうに感じちゃうのは保守的なのかな…?

サイレント=妄想の余地

どんな口調でどんな会話をしているのか?そこに着眼すると非常に味が深くなります。
一話を読んで想像し、読み進めていって違う印象を感じてから再度一話を読む。
浮かぶ口調や会話内容が微妙に変化しているんですよ。
更に繰り返すと「ヒロインが自分好みの色に染まって行きます。気分はまるで育てゲーwww
サイレント=不足ではなく可能性
この境地に至れたのなら楽しめる作品ですね。

記事を読んだ感想

>ほいほい買う
>単語にピクッ
>「マジ興奮する」
何だいつものrexelさんか安心した(←

Re: サイレント=妄想の余地

サイレントという要素の認識については、まだまだ馴染んでいない部分もあろうかとは思いますが…
それでも不足というところから抜け出せないですね。
何というか、構築される世界観の要素不足に繋がってしまうんですよね。絵のない小説に対して、セリフのないマンガ。小説を読めない俺にはサイレントのマンガも似たようなものを感じてしまいます。

想像力による育てゲーに近いとは言い得て妙ですが、作者の紡ぐ世界観を味わいたい気持ちのある俺としては、やはり物足りない感が拭えないですね。


妄想屋さんの認識については若干の異論を呈したいと思いますが。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1114-a49f2721

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター