社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

火ノ丸相撲のラブがいい感じにコメってきたかもしれない2017年週刊少年ジャンプ51号感想

2017年週刊少年ジャンプ51号感想

え…
もう来週で2017年号終わり?マジで?冨樫は?


アンケ順
火ノ丸相撲
シューダン!
フルドライブ


・巻頭カラー 鬼滅の刃
・ぼくたちは勉強ができない
・Dr.STONE
・ゆらぎ荘の幽奈さん
・ゴーレムハーツ
・食戟のソーマ


火ノ丸相撲

レイナが何か気まずそうにしてる理由は、ほんとにあの怪我を見て以来相撲に恐怖を感じるようになってしまったってことなんでしょうか

確かにレイナにとっては相撲=火ノ丸みたいなところがあるでしょうから、その相撲で火ノ丸の力士生命に関わるかもしれない大怪我を見せられれば
ショックなんてレベルではなかったでしょうけれども

それにしては…何かこう…
気まずさが色っぽいというか浮ついた話の方向にあるのが不自然なような気もしますね


佑真が来たのはレイナを連れてくる口実と同時に、スポーツドクターの道を目指しているのもあるからだそうな
そんで蟹江先生の助手やってるとか
1話のあのヤンキーがずいぶんまっとうな生き方をするようになったもんだ…w

これで部長の怪我も診たりするようになったら、覆水の返し方としてとってもキレイな形になるんじゃないでしょうか


で、火ノ丸の定期メンテをやってる間に男女別でそれぞれに探り

佑真の聞き方がストレートすぎるのであるw
でもそれ以上に頭の固い火ノ丸は、急な質問を不自然には思いながらも全然真意には気づけていないという

ガールズサイドは咲ちゃん無双

将来という話から「おかみさん」に繋げるあたりは非常に自然ですね
そもそも先週の十両昇進の時、関取になったら何が変わるかって中に「結婚」もさりげに入っていたのが気にはなったんですよ

そりゃあ給料の問題がありますから関取くらいにならないと結婚なんかできるもんじゃないんでしょうけども
高校相撲から始まって第2部としてプロ編が始まった本作品でそんな単語が出てくるのはいかにも不自然な感じがあったわけです

そこからの、咲ちゃん堀ちゃん登場に、最後にはレイナまでやって来ましたからね
その布石だったのか、と理解したものです

その流れを再度今回も描く

レイナの進むべき道として、例えばっていう体で「おかみさん」を挙げて、
「お相撲さんと結婚すればええんやで」とは咲ちゃんもど真ん中にぶっ込んでいくスタイルですね

しかも「潮くんなら大丈夫やろ」とか火ノ丸の名前まで普通に出してきました

攻めるなー咲ちゃんww

めっさ楽しそうな顔してレイナの図星をつきまくってますけど何だこの画はww
吹き出し刺さりすぎだろw

でも一番刺さってるのは、咲ちゃんの両手の指ですよね

人差し指だけ突き出して、楽しい顔してだんだん核心に近づいていく質問を繰り返す時にこんな手の形って
いろんなものを突っつく気満々って感じですよ

これがあるから、吹き出しから矢印が出まくってる構図に違和感が全く発生せず、
むしろ咲ちゃんの指の代わりに言葉で押しまくってる様子がとっても実感できるようになっています

そしてそんな様子を見てる堀ちゃんの感想「Sだ…!」
咲ちゃんのキャラも深掘りされる非常に上手いシーンです


そんで、咲ちゃんに煽られまくったレイナが勢いで覚悟を決める

またこのコマがええ顔しとるんですわ…

このコマはね
ものすごく「女」を強調してますよね

ついさっきまで咲ちゃんの攻めにやられていたところから起き上がった場面であるせいながら
座り方がいわゆる「女の子座り」的なやつになっていますね

膝を曲げた脚を両側に180度開くアレではなく、もっと斜めに座って優雅さすら見せる方のアレです

それでいてアングルを若干下から見せることで、レイナの体つきをもはっきり示すという荒業

作中が真夏の時期であることからそれなりに薄着のレイナ
体のラインが何となくわかりやすく描かれています

特に変化が激しいのは肩幅でしょうか

もちろん胸についてもかなり攻撃力が上がっていると思われますが
このコマ…というかここまで描かれてきたレイナの姿では肩幅が要注目ポイントではないかと

何となくではありますが、高校時代のあの時より少し広くなってる気がするわけですよ
もちろんそれは、ガタイがよくなったとかそんな荒々しい話ではなくて、
胸の大きさに釣り合うだけの体つきに成長したものだと言うことができるのではないかと

少なくとも、ガタイが良くなって女らしさが減じたなんて印象は殆どないでしょう

そして仕上げには、首から下るネックレス
首から胸元へ掛けての部分を寂しくしないためのアクセントですが、
これが無防備に垂れ下がっていることで、包み隠すものがなくなったレイナの心情が暗喩されているように見えるわけです


こうして、佑真と咲ちゃんによる煽りとお膳立てによって反論の余地なく作られる2人きり

何が何だかわからないという顔の火ノ丸
気恥ずかしさがMAX状態のレイナ
そして咲ちゃんの後ろでえらくショックを受けた顔をしているモブ…

お前レイナ狙ってたのかw


ここまで堀ちゃんが動きを見せませんでしたが、すでに身を引くことを決めていたようです
作中で最初に火ノ丸と出会い、火ノ丸への気持ちも最初に口にした彼女
三角形の一角を担ってくれることを期待していましたが、どうやらそれは叶わない模様

残念っちゃ残念ですが、堀ちゃんらしいといえばらしいんですかねえ


快く送り出しといて余裕で尾行体制に移る2人よりはよっぽどマシかもしれんw


そんでこっからナレーションが始まんのかよwww

火ノ丸はもちろん、実はレイナにも恋愛経験が皆無なことを明かした上で
恋愛番付序ノ口…ってやたら語呂が良いな!

なるほど
この2人が序ノ口なら俺は前相撲かそれ以下ですね

orz


そしてここでサブタイ回収
四股名対本名で大一番みたいな空気出してんじゃねーよwww

そこからどんな攻防が繰り広げられるのかと思ったら、何か急展開しました

駿海親方の緊急事態

元横綱として火ノ丸を直々に鍛えてくれた大恩あるその人が倒れたとなればデートどころではないと思われますが、
しかし思い出してみれば、火ノ丸とレイナは駿海親方の屋敷で1つ屋根の下暮らしていたことがありました

親方の容態が大丈夫なら、思い出話をするにはもってこいの相手でしょう

ひょっとしたら親方は今度はレイナの迷いにヒントを出してくれるかもしれませんね


「火ノ丸の横に立つにはあまりに何もない」
これは、出会った当初からレイナが火ノ丸に感じていた負い目でもあります

一心不乱に相撲に打ち込む火ノ丸の姿を見て、それだけ必死になれるものが自分にはないことを後ろめたく思っていたレイナ
それを払拭したかったのか、火ノ丸という男に興味が尽きなかったのか、ずっと相撲部に通い続けて
結局マネージャーの立場に収まるに至りました

何もない自分だから、せめて頑張ってるこいつを支えることで少しでも役に立ちたかった、存在意義を見出したかった
そんな気持ちがあったのだと予測できます

ならば、火ノ丸がプロの力士となった今できることはあるのか

付出し資格を得て三段目クラスから始まった時にはまだ支えることはできたでしょう
しかし念願の関取となり、付き人もつくようになれば身の回りの世話はそいつらがしてくれるようになる

それによって自分にできること=火ノ丸との接点だったことがなくなっていくことに不安を抱いていたところに
あの右腕大怪我が発生したのだとしたら

スポーツ医学を学んでいる兄ならまだしも、ただの大学生である自分が
火ノ丸にできることなんてそれこそ何もない

だから決定的に火ノ丸との接点が薄れてしまった
それはすなわち、相撲からも距離を取るようになることを意味したわけですね

さっきも書きましたが、レイナにとっては相撲=火ノ丸、火ノ丸=相撲という感覚が最も強いからです

だから、そういう迷いをレイナが抱えていたのだとしたら、あんな照れ方をしてるのは何か変だなあと思ったりしたんですけども
単にそういう自分の本心を認めきれないでいたってことなんですかね

でも咲ちゃんの精神攻撃のおかげで無理やり認めてしまったと


そんな心境のレイナに対して、火ノ丸の方は基本的にフラット
単なる女慣れの問題が一番大きなものであり、レイナ個人に対してどうこうという場面は今までなかったはずですね

レイナのぱんつを見ちゃったことはありましたけど (コミックス16巻おまけ)


さあ、かつて2人で特訓した駿海親方のところで、どんな話をすることになるんでしょうか


シューダン!

新展開…だと?

ロボレザが突然プロ編始めたみたいなのと同じ感じでしょうか

小学校卒業して中学生編始まるのかと思いきや、でも何か雰囲気的にナナセちゃんいなくなりそうとか察して
ナナセちゃんいなくなったらこのマンガどうすんだよって心配していましたけども

まさかの新展開ですか

中学時代をすっ飛ばして3年後高校で再会みたいなことをするのかとも思いましたが
中高一貫の女子校って言ってるしな―

学校も違えば、男子サッカーと女子サッカーでカテゴリまで分かれてしまった2人が
この次どう絡むことになるのかってのがちょっと予想つかないですね

それでもまだまだ本作を読んでいきたいとは思いますから応援票を入れておきますけども…


そういやすじピンも20何話あたりでひらりんの入部を迎えていましたっけ
まるで完結みたいな引きを見せていましたけども、横田先生はアレか
松井優征先生みたいに打ち切り用の展開とエンドを一応用意しておくみたいなタイプなんでしょうか

で、節目節目にそれを使いつつ話を進めていくみたいな

今回の内容も、もしアンケの状態が悪ければそのまま打ち切り用のエンディングとして描かれていたのかもしれません



しっかし制服姿のナナセちゃんは凄まじいまでの可愛らしさでしたね

センターカラーの扉は2人の記念撮影

ソウシママとグルになって最後の記念を撮りたかったが故の作戦だったようです
先週の引きで「ひょっとして」とは少し思ったんですけども、本当にそうだったとは

記念撮影とともにナナセちゃんがやっておきたかったのは、ソウシへの別れの挨拶でした


サッカー好き、しかし自分は女子という事実を誰よりも重く受け止めて
これからもみんなと一緒に変わらずサッカーをしていきたいなんて言う子供らしい考え方に甘えることなく
自分に相応しい場所に、気兼ねも気負いも要らない場所に行くことを決断したのだと

だから浜西のみんなとはこの3月でお別れなのだと


物語が始まった当初は、隣り合う家に住むこととなった2人がこれから「幼馴染」としての関係を築いていく過程も描かれるんだろうなあと
思っておりましたけれども

1年足らずの期間では、幼馴染と呼ぶには不十分かもしれませんね

それでも、ナナセちゃんが最も別れを惜しんだのはソウシだっただろうという事実が僅かな期待を抱かせます

ロクもヤマトもいい奴だったでしょうけども
チームはもとより、学校も、住んでる場所も同じだったソウシが最も彼女と近い位置にいました

距離が近い分だけ、意識の上にも下にも気持ちは募っていたはずで

その1つの発露が、今回の記念撮影であり、別れの挨拶だったのでしょう


サッカーを通じて作られたある男の子と女の子の絆
それが次回からどのような形で再び巡り合うのか

新展開に期待しましょう


フルドライブ

今週はちょっと繋ぎでしたねー

特にストレスなく読めたのはよかったですが、ヒロインが出てこなかったことによる物足りない感は否めなかったですね
あるいは試験的にそういう回にしてみたんでしょうか

主人公が学校に編入して、もちろん卓球部に入るっつって、でも事情を全然知らないクラスメイトから親切心で色々言われて
最後に「実は」が明かされる

パターンとしてはよくある形ではありますが、クラスメイトの越野くんが「やなやつ」になってないのが見事ですね

前回までの話を踏まえて読む読者に対して、それを一切知らずに「普通のやつ」として接する越野くん
トップスクールに行ってるという多少の自負からか、「すげー!」と反応して欲しいセリフを自分から次々言ってるあたりは
逆に微笑ましくなっていますね

わかってて越野くんをほったらかしてる主人公の方は…まあギリギリ猫かぶりとポンコツで許される範囲でしょうか

しかし最後の吹き出しで越野の名前に点をつけるくらいなら、先輩たち全員彼の名前間違えてるくらいがよかったでしょうね
「越野の連れが…」のセリフでもまた間違えたりしておくことで、主人公が正しく「行ってくるよ」って声をかけるのが
「名前を覚えるくらいには彼を気にかけてた」ってことにできますからね

主人公も最初は星野とか言ってましたから、それを踏まえてるんでしょうか

それでも、先輩たちは間違えまくってる中で、ってしたほうがよかったんじゃないかなと

まあ大したことではありませんので、主人公もヒロインも独特なキャラ描写を見せる本作で
先輩たちがどんな奴らとして描かれるか、楽しみにしてみましょうか


鬼滅の刃

巻頭カラーは上弦の鬼と戦う炭治郎たちの姿が描かれました

妓夫太郎は初登場からカラーまでが最速になった感じですけども、なんという禍々しい姿でしょうか
何なんだよその髪の色は…
薄緑色の髪というのがこんなにも悍ましさを醸し出すとは思わなんだ

吾峠先生さすがのセンスですね


対して堕姫の銀髪は、花魁としては不似合いな感じもします
体中のヒビ割れと合わせると、まるで年老いているかのよう

実際には100年以上生きてるっぽいですが、美を誇る花魁の真の姿としてはちょっと物足りないかもしれません

今まで見てきたモノクロ絵状態での堕姫は割と美しく見えたものでしたが、カラーで銀髪になると何かちょっと印象が違いますね

宇髄が鬼と同じくらいヤバイ目をしているように見えなくもないのは俺だけでしょうか
いくらど派手好きとは言ってもその表情はなかなかに来てると思う…

女装姿でカラーになった善逸とどっちがマシかなw
丸ほっぺのおかげで全然かっこよく見えない…w

禰豆子ちゃんを収めた箱を背負って再び死地へと赴く炭治郎と、ド派手に影響されまくってる伊之助はまだ普通ですね


で、本編にいけば
柱同士の人間関係の一部が窺えるという貴重な場面が描かれていました

宇随から見て、岩柱は得体の知れない奴だそうな
こいつの継子になってるっぽいんでしたっけ、炭治郎の同期の残る1人は

五感の1つを突出した資質として持っている5人の同期
嗅覚の炭治郎に聴覚の善逸、触覚の伊之助、視覚のカナヲちゃん

とすると、最後の5人目は味覚ということになるかと想像しているんですが…
鬼狩りで味覚を活用して戦うってどういうことなのかというのが今いち腑に落ちていないところです

まさか鬼を喰ってるんじゃあるまいな…
蝶屋敷で1度炭治郎がすれ違ったことがありましたが、その時の彼は、炭治郎が成長しているよりも遥かに大きく変わった体つきをしていました

それはまさか鬼を喰ってたからとかじゃあないよなと密かに想像しているんですけども

彼がメインで登場してくるシリーズがこの先あるとすれば、
人を喰う鬼と、鬼を喰う人という対比で何かが描かれることになるんでしょうか


そして霞柱は、刀を持ってからたったの2か月で柱になったという天才だそうです

柱合会議の時は炭治郎や禰豆子ちゃんに一切興味を示すことなく、しかしお館様の話を遮った時には
明らかに怒りを露わにするという不思議さを持っていた霞柱・時透

2か月って相当なスピードですけども、彼の詳細が明かされる時には
柱として認められるための条件も説明されることになるでしょうか


さらに、最も大きな描写だったのが宇髄から煉獄さんへの感情です


自分はあいつのようにはできないと、宇髄が自ら認めていたこと
煉獄さんに比べて守れなかった命がどれだけあるかと、敵わないことを自覚していたこと

これを知った上で、煉獄さんの訃報を聞いた時の宇髄を思い出すと、違った景色が見えてきますね

上弦の鬼には煉獄でさえ負けるのか

今までは、ただ炎柱としての煉獄さんの実力を知っていたためのセリフだと理解していましたが
宇髄の中では煉獄さんが自分よりも上の存在だったわけですね

その煉獄さんでも、上弦には敵わなかった

そして今、自分も同じ上弦の鬼と対峙している
煉獄さんが敵わなかった上弦に、自分が勝てるのか

おそらくはそんな感情が渦巻いていることでしょう

しかし、鬼殺隊として、柱として、そんな情けない姿は微塵も表に出せない
まもなく後輩も到着するだろうという時に、そんな背中を見せられるわけはない

鬼の毒を気合いで耐えている様子の叫びからは、そんな感情を窺うことができます


あるいはお館様が父親のような存在だったのか、回想の入った直後に感謝の念を抱く宇髄の姿は
母の言葉を思い出した煉獄さんと重なるようです


妓夫太郎の血には毒があるとか
しのぶさんなら何とかできたりするんですかね


妓夫太郎と堕姫の間にある何かの秘密に気づいているらしい宇髄
それは2人の首を斬るための条件だったりするんでしょうか

毒に蝕まれていく宇髄の肉体
2対1ではそもそもが不利

時間が掛かればかかる程に悪くなっていく状況の中で、善逸と伊之助、そして覚醒の反動を押して立ち上がった炭治郎が到着しました

巻頭カラー回で満を持して…ではないにしても、主人公が敵の前に立つというのはなかなかに盛り上げてくれる内容です

炭治郎はヒノカミ神楽ではなく水の呼吸で戦うのでしょうか

聴覚に優れた善逸と、音柱宇髄の共闘も期待したいところ


さあ吉原遊郭編
いよいよ佳境ですね


ぼくたちは勉強ができない

順位高えな!
ワンピがないとは言え巻頭の次に来んのかよw
人気が大変なことになってきているなあ


ハーレム系ラブコメでまさかサンドイッチ法を見ることになるとは…

ていうかあしゅみー先輩サンドイッチって名称知ってんのかよ(;^ω^)
色んな意味でこの人は主人公をおちょくる立場になってるというか、主人公より上の存在として描かれてるというか

しかし、エロ本買ってるところを目の前にしても、一緒に勉強するかとか言ってくれるのはなかなかに貴重なヒロインですね

そこから元同級生と親父登場による怒涛の勢いが何とも


それでも、元同級生のインスタ丸パクリとかエロ本の表紙とか
伏線の回収は見事なものでした

それでいて、受験本番時の不安とか浪人という「経験者」だからこそ言えるアドバイスもあったり
「正解がわからない不安」というそれをそのまま人生にも当てはめてみたり、なかなかに深さも持った内容として仕上がっています

毎度のことながら恐ろしい構成力だな筒井先生…


Dr.STONE

スイカマスクの是非は、「どっちでもいい」が正解でした

審判が止めに入るのかと思ったら、金狼が自ら確認を取りに行って
そこを後ろから狙われるとは単純ながら予想外の展開でしたね

マグマがルール確認を促した時点で変な感じはしたんですが、後ろから殴り掛かるとはなかなか悪党です
ていうかその行為は別に咎められないのか

審判にルール確認をしていた、ってのは別にタイム扱いにもならないんですね
判定的にはスイカのマスクは別段問題じゃなかったらしいことと合わせると、戦闘は継続されていたと解釈できるでしょうか


で、コハクは結局間に合いませんでした
千空がそのまま不戦勝となって、残る可能性は銀狼ってところで
ドーピング発動

そういや何で葉っぱくわえたままなんだとは思ってましたが、あれわざとだったのか…

いや、ドーピングっていうかむしろこれはプラシーボか?


「強く信じることによる奇跡」みたいな話が百物語の中にあったら面白そうですけど
どうでしょう


ゆらぎ荘の幽奈さん

フェスがもう始まってしまいましたよっと

コガラシくんたちだけじゃなくて、他にも色んなグループが参加してるフェスなんですね
プロもアマも入り混じっての大フェスって感じなんでしょうか

いや、まあそれはいいんですけど

トゥインクルスは大トリじゃないのかよ

いやそれは明らかにプログラムの構成ミスだろ…
他にどんなグループが登場するのかは知りませんが、出演グループの中で最も人気があって最も盛り上がるのって彼女たちでしょう?

それをなぜ途中で出場させているのか

そりゃその直後に演る奴らはみんなしょぼく見えてしまうだろ…

ミウラ先生?

普段は細かく計算した作劇を見せてくれるのに、今週はどうしたんですか
コガラシくんたちを盛り下げるための安易な構成のように見えてしまうんですが…

これはコガラシくんたち悪くないよ
練習期間がどうとか全然関係ないよ

そもそもの人気と熟達度が違うわけですから、直後に演らされたらそりゃ余計に差が目立ちますよ

ミウラ先生?


ラストの葉っぱ術解除は、あるいは意図的なんでしょうか
受肉用特殊葉っぱの育ちが完全じゃなかったっていう不本意な結果である可能性が高いですが、
霊視撮影で幽奈の姿をスクリーンにだけ映して、何かボーカロイドと共演してるみたいな感じになったりするんでしょうか

あれ、でも見た感じスクリーンとかないのか?


ゴーレムハーツ

・相変わらず主人公の子供らしさが悪い方向に出ているような感じで、どうにも素直に読めない…
・未だに、ある程度成長した状態だった主人公をなぜリセットした状態で連載を始めたのかが見えてこない
・成長過程を見せるのが少年漫画だとしても、その成長を楽しみに思えなければならないわけですが
・今のところ主人公にそんな期待を抱けるほど引き込まれてはいないんですよね
・途中で出てきた2人組のほうがまだ興味持てるというか
・これはちょっとよろしくないかもわからんね


食戟のソーマ

クロアカよりも下の順位に来てるって…
わからんでもないから辛い orz

作劇が悪い意味で単純になっちゃってるからなあ…

結局田所さんは負けてしまったわけですが、今週で勝敗まで見せてしまうことになるとは意外だったんですよね
今週はどら焼きのもう1つの秘密をたっぷり描いて、アンにもノルマのリアクションをこなしてもらった上で
勝敗は次回に持ち越し…という流れになるんだろうと

深読み好きかどうかにかかわらず、田所さんでは流石に敵わないだろうという予想が蔓延している部分がありましたから
それでも勝敗の可能性をどうにか五分に持っていこうとするための描写はされるんじゃないかと思っていたのです

つって、それをした上でやっぱり負けましたーだとなおのこと印象は悪くなるかもしれませんが

それを踏まえると今週で勝敗までたどり着いたのはテンポの面では悪くなかったかもしれませんが
構成の面で言えばあまりにも単純に過ぎるのではないかという気がしてなりません

別に予想が外れたからって負け惜しみ的に言ってるように思われるとアレですが…


田所さんの敗因は結局技術で勝負してしまったことですね

出した皿の向こうにいる人を見るということ

田所さん最大の武器であるそれを発揮することなく、四宮師匠との根性の特訓で覚えた技法を使って挑んだことにより
相手と同じ土俵で戦うことになってしまった のではないかと思います

元が格上の相手ですから、そんなことをして勝てるわけもありません


タクミはねえ
対戦相手の叡山をひたすら見ることを通して、審査員がどんな状態であるかを把握した品を用意していました
しかもそれは、姉弟の絆をも象徴するような双月のピッツァ

これは、食べる人のことを意識することだけでなく、自分の料理とは何かとの問いに向き合ったことをも意味するものです
だからタクミは完勝することができたのではないかと

対して田所さんは自分の持つ最大の武器を発揮することなく、相手と同じ土俵で戦ってしまった
こうなれば、そもそもの技術に差がある田所さんに勝ち目がないのは仕方のないことでした


それでも田所さんへの救いとして、審査員3人の中でも最も上の立場っぽいアンが票を入れてくれているのは
作者が田所さんの成長を描こうとする部分だったことでしょう

しかしそれも雑と言えば雑でした


急に右手と左手の挙手で投票してくださいなんて、完全に田所さんへ票を入れた人をひと目で見せるためのもの

今までどんな判定してましたっけか
ボタン押す方式とかじゃなかったのか?


ここで田所さんが勝つだろうって予想していたのはもう1つ
もも先輩が勝ち残っちゃったら、次彼女と対戦して負かすのって誰だよというのが疑問だったからでもあったんですよね

残ったメンツはえりな様に一色先輩に創真にタクミ
十傑側は司先輩に竜胆先輩にもも先輩に野武士先輩

もも先輩はこれまで創真たちと特に関わりを持ってきませんでした
それゆえに、食戟に2度も出てこられてもあんまり盛り上がらない気がするのです

描写上そんな感じはありませんでしたが、一応もも先輩もMPを削られたということで
万全の一色先輩が倒す…とかしても、女木島先輩の時みたいに全カットになってる画しか浮かばないんです

ひょっとしてえりな様が戦うんでしょうか

仮にも十傑の三席相手に、田所さんがMP削ってくれたから勝てたっつって
田所さんの噛ませ臭をある程度排除しつつ圧勝するんでしょうか

で、そのもも先輩が座している第三席というのは、かつて1年生の薊も座っていた場所である…みたいな対比をするとか

今までは十席という立場だったえりな様ですが、実力はすでに上位席次に食い込めるほどになっているのだ、
ってところで、その上位席次に現在座っている第一席と第二席の2人がやって来る…みたいな

そういう盛り上げ方をするんでしょうか


…あれ、創真戦の話全然してないな(;^ω^)


 




ヒロインたちが絶妙な可愛らしさを放っていた2017年週刊少年ジャンプ50号感想

2017年週刊少年ジャンプ50号感想

今夜急遽外出の予定が入ったので今回はこのくらいで


アンケ順
火ノ丸相撲
シューダン!
フルドライブ


・Dr.STONE
・鬼滅の刃
・ぼくたちは勉強ができない
・ゴーレムハーツ
・ゆらぎ荘の幽奈さん
・食戟のソーマ



火ノ丸相撲

今週の1位はこれしかなかった…!
非常に素晴らしい内容でしたわ


十両昇進!なんてサブタイに一瞬戸惑って、「え、誰のこと?」とか思ったわけですが
まさか薫丸だったとはね

明らかに柴木山親方の現役時代の四股名薫山を受けたその名前は、親方も相当な期待を抱いている弟子だっただろうことを窺わせますが
こんなにいい話でまとめてくるとは

前に火ノ丸が体験稽古に来た時には、同じような四股名の薫富士がいましたけども
やっぱり親方の名前から1文字もらって四股名をつけるってのは象徴的な意味があるものなんでしょうね

十両昇進=関取認定ということですから、力士としてはものすごく大きな節目となるものであるのでしょう
みんながわーっとお祝いしているのが温かくていいですね

柴木山親方の最高位と同じ関脇まで昇りつめている冴ノ山と、実は同期だったというのは意外な事実
誰にも同じように流れる年月の厳しさを感じさせてくれると同時に、諦めなかった薫山に待ち続けた冴ノ山
2人の間にあるものが美しく見えます

非常にいい話を描いてくれた今週は、文句なくアンケ1位です













すいませんウソです



浮いた話の予感に釣られただけです


いや薫山の十両昇進がいい話にまとまっていたのは事実ですけども、それよりもこっちに惹かれるに決まっています

何すかあのレイナの表情は

佑真の後ろにこそこそ隠れて、目を合わせられずにそっぽ向きながら「久しぶり」をつぶやくとか
ちょっと川田先生

このコマ見てるだけでご飯が進むんですけど

いつのまに女子のこんな可愛らしい表情を描けるようになってたんですか川田先生


ていうかレイナはなんでこんなに照れてんですか?
佑真も「仕方ねえなあ」みたいな顔してますけど、蟹江先生と一緒に来たのはきっとレイナを連れてくるためですよね

火ノ丸が右腕を折ったあの時以来の再会にしては何だか変なんですけども、これは一体どういうわけなんだぜ

何がどう気まずいのか全く予想がつかない…


咲ちゃんが急に登場したのは、頭が固い火ノ丸と素直になれないレイナの触媒になるためなんでしょうか
そんで堀ちゃんはもちろんそこに三角形の一角として食い込むためでしょうか

めっさ目をキラキラさせながら「浮いた話の予感」を口にする咲ちゃんも可愛いし、
菱形の口で衝撃を受けてる堀ちゃんもやたら可愛い…


名古屋場所の3敗を振り返って、さらに殺気を滾らせてた冒頭もなかなかの熱さを持ってましたが
頬が赤くなる方の熱さも醸し出してくれるみたいですね


超期待しております


シューダン!

レイナも可愛かったけど、こっちも凄まじく可愛かった…!!

何って、制服姿のナナセちゃんに決まってるでしょうよ

なんですかあの破壊力は
制服ってどうして着ただけであんなに可愛らしく見えるんですか?


いや、でもちょっと待って
ナナセちゃんの超絶な可愛さにひたすら衝撃が走っているんですけども、今週の展開も色々と頭が追いつかないですよ

先週は、リーグ戦初日を勝って終えたってところで引きだったはずですが
今週はいきなり年明けてました

みんなで日の出を見て、その後初蹴りなんて恒例行事をやってました

花より団子…じゃなくて日の出より豚汁状態のナナセちゃんいじりも非常に微笑ましかったですが
まずいきなり新年ってどういうことですか

小学生が地域のサッカークラブで頑張っちゃう話として始まって、主人公たちがすでに6年生だったことから
小学校卒業するまでの物語になるのかなあと思ってたのにもう年明けてるって

普通にみんな中学校の話してるじゃないですか

ナレーションで唐突にすっ飛ばした時間軸がダイジェスト的に描かれるのも衝撃です

コーチは普通にいいこと言ってるんですけども、正直読んでるこっちはその中身を噛みしめられるほどには冷静になれてないというか
まあ言ってる内容は、いい年した大人なら理屈としては理解していることなのでそれはいいんですけども


大会の結果以外にもトレセンの合否の話からロクの決意まで
何かもうまじで「終わんのか?」って雰囲気を丸出しにして進んでいくのがショックで仕方ないのです

さらにナナセちゃんがサッカー続けるって部分も、ソウシが分かった風な感じで先に全部言っちゃってるのがもうね
ナナセちゃん否定しないし、ふっつーにソウちゃん呼びしまくってるし

ああもうこの2人どんだけ通じ合ってんですかまだ1年経ってないってのに


なのに、女子部でも作っちゃえって盛り上がるみんなの横で何やら意味深な顔してるのが余計に不安を煽ってくれます

何というかこう…寂しそうというか
「え、引っ越すの?」とか単純に思ってしまうわけですよこっちは

とか思いながらページめくったらいきなり3月ですよ
飛ばしすぎだろ色んな意味で…

3月のどの変化は不明ながら、もう制服の準備までしてるってことは結構中旬とかそれくらいでしょうか

体が大きくなるのを見越したぶかぶかのサイズに、何かはしゃぎまくる母親とかめっちゃあるあるな感じなんですけども
そこに、突然の来客としてやって来たのが天使…じゃなかったナナセちゃんでした

ベタな学ランのソウシを前フリにして、胸についた大きなリボンが特徴的な制服を見せてくれたナナセちゃん
どうやらまだ隣の家にいるっぽいということは引っ越すわけじゃないのか?と安心すると同時に
「ちょっと話したいこと」が引っ越しの話なのか?と心配になるジレンマ

3月なんて時期まで来て、ナナセちゃんが引っ越すなんて展開なら完全に終わっちゃうじゃん…と悲しくなる一方で
次回センターカラーってのがわずかな期待をもたせる

もうどうしたらいいのこの色々入り混じった気持ち


ナナセちゃん来訪の目的は、あの意味深な表情と関係があるものなんでしょうか

サッカーを続けるって話からのあの表情ですから、中身はもちろんサッカーに関わるものなんだろうとは予測できますけども
果たしてそれは、また引っ越すことになったからほとんどが同じ中学に行くっていうみんなとはもうサッカーできないってことなのか、
それとも、男女の違いが生む体の差が実力差に繋がっていくことを早くも感じ取っていたりしたのか

だからってサッカーを止めるなんて発想が彼女にないのは描かれたとおりのはずなんですけども、だったらあの表情の意味は何なのか


火ノ丸相撲といい本作と良い、今週は、超がつくほど可愛らしいヒロインの意味ありげな表情にさっぱり先の予想ができないのである…


フルドライブ

先週に引き続き応援票なんですが

こっちも割とヒロインが可愛らしくなってきましたね

ところどころ偉そうな風にしてるのに、入学用の書類渡すために待っててくれたり駅までの道教えてくれたり
太陽の月の例えでしっかり主人公と通じ合えてたり、実際にはかなりいい娘であることが感じ取れます

典型的ツンデレの暴力ヒロインでもなく
典型的女王様の高慢ちきヒロインでもなく
それらの中間というわけでもなく

自分の特別性を信じて疑わない部分と、素の性格が発露してる部分とがなかなかいいバランスで出ていると思うんですね

いい意味で子供らしいというか


それはそのまま主人公にも、敦史にも通じています

思ったまま、感じたままに行動し、言葉を紡ぐ様子が純粋と純真をいい具合に見せてくれているんです

自分自身に秘められた可能性、その実現につながる価値観、それらの正しさを信じて疑わなかったあの頃を思い出すかのよう
すなわち正しい少年漫画と姿だと感じられます


服は脱ぎ散らかして、飯食った後の皿もそのまんまってのは見事に子供らしいシーンですね(;^ω^)

本作の1つの読み方として、子供らしい一面というのがどのように発露しているかを見るというのができそうです


部活ものとしては変則的な始まり方となった本作
先輩たちの一斉登場は最初の関門となる部分ですが、先輩たちは子供らしさという要素をどう描かれるんでしょうか


Dr.STONE

スイカ縛られてました
さすがにそのくらいの小細工はしてたか…

でもあの縄抜けは何がどうなったんだぜ

体回したらマスクの中に体入っちゃったってどういうことなんだぜ


そんで何より、スイカのマスクをそのまま金狼がかぶっちゃうっていう当たってほしくなかった予想が当たっちゃったんだぜ

スイカの視力に合わせてたのが金狼にもそこそこ合ってたっていう都合の良さに
スイカの頭のサイズなはずのマスクを金狼がかぶって、メガネの位置が全然ズレずに激しい戦闘ができるっていう都合の良さに
マスクごと坂を転がってマスクだけ飛ばせるスイカの器用さっていう都合の良さ

外野から降ってきたマスクをかぶった金狼が反則かどうかというのは次回描かれるのでしょう

わざわざ「直接的な行為か否か」っていう審判の判断基準を今回示したのは
じゃあマスクかぶったのはどっちだ、と予想させるための布石ですね

坂を転がってマスクを飛ばしたのは、転んだのだと言い訳するためのようにも見えますが
しかし「科学の目」とはっきり叫んじゃってるあたりは完全に意図的な行動


さあどうすんでしょう

あと、スイカの無事を早くコハクに知らせようってのは誰が言い出すんでしょう


鬼滅の刃

今週はつなぎのような意味が強かったですね

堕姫の背中から突然現れた真の上弦らしい鬼
その詳細はまださっぱり説明されませんでしたが、名前だけは明かされました

その名も妓夫太郎

女が主役の色街で、男が務める仕事の役名ですね


どうやら鬼になる前からその名前だった模様
つまりこの遊郭街にはずいぶん昔から住んでるわけですね

堕姫は、鬼として力をつけた妓夫太郎が何かの手段で生み出したもう1人の自分みたいな感じなのか
それともガチで兄妹なのか

妓夫太郎相手に自己主張が激しい堕姫
宇髄相手に狂おしいほどの嫉妬心を隠そうとしない妓夫太郎

自分の体を自ら掻きむしるのは血鬼術が血を使うからなのか、それとも単なる狂気なのか


で、ここでようやく善逸と伊之助が到着
善逸まだ寝てるよおい…

女装で寝たまま走ってきたとはずいぶんわけがわからん状態ですねw


我が強いはずの伊之助が他人の影響を受けやすいってのは、何か矛盾してるようで、でも納得できるから不思議
そうじゃなかったら炭治郎の影響も受けることなく、未だに会話もままならない自己中全開だったでしょうからねえ


自在に曲がる血の斬撃と、鉄壁の防御力を持つ帯の血鬼術
堕姫を雑魚と呼んだ宇髄でしたが、上弦と一緒になって2対1ではちょっと面倒そうですね

堕姫とてヒノカミ神楽で覚醒した炭治郎がわずかな時間だけ互角以上になれた相手ですから
宇髄には雑魚であっても伊之助と善逸には2人がかりでも厳しいかもしれません

眠った禰豆子ちゃんを箱に戻しに行った炭治郎も、傷と反動でどれだけ動けるかは未知数

敵の詳細もさっぱり不明な中、状況はかなり厳しいと言えそうです


…っていうタイミングで巻頭カラーとは、どう盛り上げてくれるんでしょうか


ぼくたちは勉強ができない

やっぱり影の正体は文乃でしたー

うむ
そりゃそうですね

ただし、その後の展開はちょっと予想とは違った形になっていました

今回の相手が文乃であれば、この夜をどう凌ぐかというのを比較的冷静に2人で知恵を出し合えるだろうと思ったんですけども
そこについてはあっさり旅館が見つかったことで特に悩むことはありませんでした

一部屋しか空いてないってお約束も、ベタに姉弟だと言い張って強引に解決
布団を1つしか用意しない仲居さんは空気を読んでいるのかいないのかわかりませんがw


同じ部屋の同じ布団に泊まることになったという定番のドタバタを描きつつ、
今回の主題は主人公の内面にあったようです

目標に真剣な文乃の様子を通して、主人公が自分のやりたいことを見つめ直す機会
それは、今後の物語の縦軸にも大きく関係してくることでしょう

勉強という要素を介することでヒロインたちと公平にフラグを重ねていっている主人公ですが
それが可能だったのは、彼自身に明確な目的や想い人がいなかったからですね

特別推薦の資格を取って大学に行くというだけで、大学で具体的に何をやりたい、その先どうしたいというものは
全く漠然としたままだった主人公

それだからこそ、どの科目にも対応できる学力が身についており、
どのヒロインとも接点を持つことができるわけですが

ここに意中の相手がいないという事実を合わせて言い換えれば、主人公からの矢印は今のところどこにも出ていない
ということになるわけです

それが今回の実感によってどのような方向性へと向かうことになるか
その方向にはどのヒロインがいるのか、あるいは近いのか

そして、それは彼にとって「向いている」ことなのか否か

主人公から発生する矢印について、読んでいく上でのポイントはその辺りになるでしょう


さてさて
夏を迎えた作中では、受験まであと半年ほど

ここから主人公の胸中がどのように変化していくかも注目ですね


ゴーレムハーツ

早くも感想が書きにくい…

博士生きてたよ
いいのかよそれで

大食らいヒロインが普通に助けちゃったよ
マジかよ

もう3話目まで来たと言うのに、未だに世界が博士と主人公の間にしか無いというのは問題ですね

ただずっとこの2人の間であーだこーだやってるだけで、町の人達はもとよりヒロインっぽく登場した女性も完全に外野でしかありません

じゃあ博士と主人公の間にある世界、2人の関係に読んでて特別なものがあるかというと別にそんなことはなく…
ベタな擬似的親子関係と、世界二になるって目標くらいです

博士が世界一だから自分は世界二になるというのは読み切りの時からあった特徴的な部分で、それ自体の印象は悪くないんですが
この3話までを見る限りそれが上手に強調できているかというのは怪しい気がします

博士が生きてたおかげで、世界二を目指す志よりも親子関係の方に描写の重点が乗ってしまっているからです


同期のフルドラと同じように、こっちの主人公も子供っぽさを前面に出してはいますが
こっちの場合は単なる好き勝手っていう悪い方の一面が強いんですよねえ


ちょっとこれはよろしくないですよ


ゆらぎ荘の幽奈さん

センターカラーでアニメ化発表
ネタバレ情報としては週末からずっと流れていましたし、人気の上でも時間の問題だと思っていましたからそれほどの驚きはありませんが
やはり感慨深さはありますね

強くて優しいコガラシくんを中心として丁寧に紡がれていくヒロインたちとの絆とフラグ
ノルマシーンも細かく計算した上で、ただそれだけの内容には終わらないように描かれる本作が
アニメ化という1つの到達点までやって来たのは1ファンとして普通に嬉しく思います


で、それを祝うのか何かわかりませんが、音楽フェスのシリーズが始まりました

ゆらぎ荘のある街でイベントがあるっつって、仲居さんたっての頼みで幽奈たちが出演することになるという流れ
仲居さんからの頼みに最初に応えようとした幽奈はいい娘です

仲居さんはみんなの仲居さんだからねえ

ドラムができるコガラシくん
呑子さんデザインの服をこゆずが葉っぱで作って、機材も葉っぱで
なんなら幽奈の肉体も葉っぱで、ってこゆずが便利すぎるのである

受肉用の葉っぱがギリギリ間に合うと思う…とか言ってるのが何か変な伏線なのかって気もしなくはないですが

さらにピアノが弾ける千紗希ちゃんに、バンドやってた芹と轟まで呼んで
結構な大所帯になってきました
その上見事に女子ばっかりのグループになってきました
そんな中にコガラシくんが1人だけ男だよ
それは観客から見たらどんな美味しい構図なんだ…

男多めのバンドにヴォーカルが1人だけ女性ってのは非常に多くあるメンバー構成で
ヴォーカルの女性が非常に目立って人気が出やすいみたいな特徴があると思いますけど
その逆パターンだとどうなんでしょうね

ハーレムバンド状態に、兵藤あたりは血の涙を流していそうですけども


で、そんなバンド組の演奏をバックに、幽奈と狭霧と雲雀と夜々が歌って踊るわけですね

狭霧の言うとおり楽器の練習をする時間などない状態で一番できることと言えば、身体機能での勝負ではありますが

え、地域のテーマソングをあんなフリフリのキラキラした衣装で踊んの?

それはかなりの編曲が必要になるのでは…
仲居さんの人脈力でそこは何とかなるんでしょうか

以前みんなでアイドルの練習だけやってみた回がありましたけど、たぶんあれも多少の下敷きにはなってるんでしょうねえ
朧や千紗希ちゃんが演奏側って違いはありますが


仲居さんのおかげで割りと本格的に練習できたようですが、それでも1週間程度とは短すぎる期間です
以前から名前だけは何度か出ていたアイドルグループのプロデューサーから見れば、素人と変わりないのは当然でしょう

ただこのプロデューサーさん…

練習の時に狭霧が歌ってたあの頭が痛くなる歌詞を書いたのこの人ってことですよね
作詞作曲って明示されてましたし

プロのプライドを持ってすっごいクールに決めてるけど、あれ作ったのお宅ですか
どんな顔して作ってたんだろう…w


温泉街のフェスに「熱がない」とはなかなか上手い皮肉を言ってくれますが、それが幽奈に火を付けました
彼女たちにこの街のことを印象づけるのにどんな方法があるでしょうか

たとえばアイドル3人にコガラシくんを接触させればとりあえずスキャンダラスな絵が発生することは必然ですが
そういうのじゃ意味は無いんでしょうね(;^ω^)

ステージ本番中に妖怪がやって来たりすんのかな


食戟のソーマ

田所さんの品出しターン

どら焼きとはまだ意外な品を出してきましたが…


ただ冒頭から何となく負けフラグを強調しているような感じがするのは俺だけでしょうか
審査中も何かともも先輩の品と比べるコメントが多いように思えます

もちろんどっちの品が優れているかを問う場ですからそれは当たり前の光景ではあるのですが
これまでの審査においてはそうした場面はあまり見られなかっただけに、やはり異質に映ります

このような作劇になった理由の1つは、田所さんの闘志を見せるためであるでしょう

明らかに格上のもも先輩を圧倒的優勢とすることで、それに果敢に挑んでいく田所さんの姿勢を描くものですね

かつて選抜本戦でも似たような描写がありました
戦意と闘争心を剥き出しにする黒木場を散々強調し、その雄々しさの前に審査員も気弱そうな田所さんの印象を感じたところで
口にした品は見た目とは全く真逆の力強さを持っていたというあの演出

四宮師匠とのボクシングイメージでごまかしていますが、やってることはあの時と大体同じなんですよね

相手は十傑第三席、テーマも敵の得意分野、作った料理人の様子は自信満々

田所さんが不利なような要素を並べ立てた上で、それでも挑んでいく姿に彼女の強さを演出しようとしているわけです


基本的に大人しく遠慮がちな田所さんですが、実はその内側には並々ならぬ気合が秘められています

実はスポ根好きだという設定によって四宮師匠との特訓をやり切った田所さん
何だかギャグのようにして済まされているようにも見えますが、しかしその姿勢は幼くして鮟鱇の吊るし切りを習っていた時と変わっていないんですね

あの時も、当時の彼女にとっては遥かに難しいはずの技術に対して必死にぶつかっていくことで見事に会得していました

今回もそれと同じ


今回のスポ根的描写は後づけでなされたものではなく、今まで描かれていた中にしっかり描かれていたものを
明確な形で示したのだと言うことができるでしょう


ただしそれだけでは、格上の相手の品にはまだ及ばない


ええ
それはそうですね

なぜなら田所さんの実力を構成するのは、その闘志だけではないからです

それもまた今まで描かれてきたものであり、四宮師匠との関係の中で見出された特質

もちろん皆さんもお分かりになっていることでしょう

それこそはこの連隊食戟においても鍵となりうるはずの要素
田所さんの持つ強さとして、最も重要な部分
1人の料理人として是非とも持ち合わせておくべき資質

次回それがどのような形で発動するのか、期待しましょうか


 




鬼滅の刃に俺も大泣きした2017年週刊少年ジャンプ49号感想

2017年週刊少年ジャンプ49号感想

今週は斉木楠雄の感想も書きたかったけど時間的に無理でした


アンケ順
鬼滅の刃
シューダン!
フルドライブ


・巻頭カラー ぼくたちは勉強ができない
・Dr.STONE
・ゴーレムハーツ
・ゆらぎ荘の幽奈さん
・火ノ丸相撲
・食戟のソーマ


鬼滅の刃

これはまたなかなか雰囲気のある扉を持ってきましたなあ吾峠先生

斬られて落ちた首を抱えたまま座り込んだ堕姫とは…

見開いた目に半開きの口は、まだ斬られた事実を受け止められていないかのようでありながら
しかしその開いた目から見える天井が、確かに首が落ちていることを知らしめる

ただし何より雰囲気を作っているのは、堕姫が正座している状態であることですね

力なくへたり込んでしまった様子
その「ちょこん」とした感じは、あまりの衝撃に腰が抜けたというか完全に脱力してしまったかのような印象を放っています

同時に、見た目に綺麗な正座姿は気品さえ漂わせるものであり、花魁としての美しさと品の良さを感じさせる
しかしその膝の上には斬られた首が転がっているという、異様さ

バランスの取れたアンバランスとでも言いましょうか

正反対というよりは普段は混じらないもの同士が上手な割合で同居している見事な扉です

吾峠先生やってくれるわあ…


それに編集部もですね

こういう生首状態の表現は、昔のジャンプではアウトだったように記憶しておりますが
今では違うんですね

おかげでこういう扉も描けるようになったと


その扉の風景からそのまま続く本編は、堕姫の首が落ちたことに驚く炭治郎と引き続き暴れている禰豆子ちゃんから始まりました

鬼化が暴走している禰豆子ちゃんを見て、「何だこのていたらくは」なんて割と冷静なことを言ってたように見えた宇髄でしたが
しかし「さっさとどうにかしろ」と殺気混じりに告げる

子守唄でも…のコマに描かれた宇髄の顔、かなりヤバイ感じになってますけどこれはわざとですかね
目玉の丸さが強調されていることで、目から放たれる殺気が相当なことになっておりますけども

おかげで禰豆子ちゃんが宇髄と反対方向に跳んだのも、まるでその殺気を避けようとしたかに見えるんですけども


そんな暴れる禰豆子ちゃんを落ち着かせたのは子守唄でした

宇髄はわかった上で言ってたのか?
何かやたらあからさまなんですけど

ヒントのつもりだったのなら、鬼化暴走に子守唄が聞くことを知っていたのか
ヒントとかではなくただものの例えの一種として言ったにしてはやけに具体的で不自然な気もします

やっぱわかった上でなのか?


一か八かで炭治郎が口ずさんだ子守唄
鬼化で正気を失った状態の禰豆子ちゃんに、それはそれは響いたようです


「長うござる」のコマの表情どうですか

見開かれた猫目と食いしばった牙は暴走状態と変わらないのに、眉の角度と視線の方向だけで
様子が変わったことを見せてくれています

これはお見事
絵で見せるってのはこういうことですよね

そんでページをめくったら、同じ構図で同じような目をしながら
またしても違う眉の角度でさらに禰豆子ちゃんの様子が変わったことを教えてくれる

回想…いえ思い出の風景への導入として、実に自然でした


そんでどうですか
あの母ちゃんの笑顔

この1コマ見てるだけで俺泣けてきたよ…

THE・母というか
愛情のかたまりというか
慈しみの極地と言うか

こんなに優しい笑顔があるなんて
こんなに温かい眼差しがあるなんて思わなかったよ…

見入ってしまうとはまさにこういうことですね

この母ちゃんの表情いつまででも見ていられるわ…


この母ちゃんを失った炭治郎と禰豆子ちゃんの境遇と胸中が、どれだけ計り知れないものかというのが改めて感じられます

この母ちゃんに「あんたが死ねばよかったのに」と言わせるなんて、そりゃ炭治郎もブチ切れますよ


こんな表情を見せてくれるなんて…
吾峠先生やべえ…やべえよ…


そら禰豆子ちゃんも泣くよ
俺も今ボロ泣きしながらこれ書いてますけど、こんな母ちゃんの顔思い出したらそりゃあ鬼だって泣くわ

まるで、思い出したあの時の幼さを全面に出すかのように一気に泣きじゃくり、人間のような泣き声を上げて
そのまま泣きながら寝入ってしまった禰豆子ちゃん

手足に浮かんだ模様も、額に生えたツノもなくなって、箱に入ってる時よりも小さくなった感じさえします

再び目を覚ました時に何か変化が起きてるかもしれない懸念はありますが、ひとまず安心していいんでしょうか
善逸があの衝撃的姿を見ずに済んだのは果たして良かったのか悪かったのか…



で、ですよ

今週のサブタイはここで号泣しまくった禰豆子ちゃんのことなのかと思っていたら
まさかの堕姫まで泣き喚き始めました

首を抱えたまま宇髄相手にギャグみたいなやり取りを続けて、読者も宇髄も疑念を膨らませたところで
禰豆子ちゃんと同じ大声を上げて泣き始める

これは…わざとですよね吾峠先生
鬼の娘がそれぞれ泣き出して、そんでどうするってのをわざと禰豆子ちゃんと堕姫で対比的にしてますよね

唐突にお兄ちゃんとまで言い出してますし

何?何だ何だ?
背中から急に出てきヒョロガリの男が、堕姫の首をくっつけた上に火傷の痕まで治してしまいましたよ

チラリと見えた左目に刻まれているのは陸の文字
堕姫と逆、猗窩座と同じ左目に数字

どうやらこいつが正真正銘の上弦陸のようですが…

一体何がどうなってんだ?


炭治郎兄妹との対比で言うなら、この兄上弦は堕姫を馬鹿扱いしながら大事にはしていると言う感じですかね
炭治郎が禰豆子ちゃんに接するのとは正反対の方法で堕姫と連れ立っていると言えるでしょうか

自分が前に出ることなく、堕姫の中に隠れていたこと
お前は頭が足りないなんて面と向かって言いながら、首も顔も治してやる過保護

堕姫も堕姫で、それを当たり前のように認識して甘えているフシが見受けられます

柱対上弦
作中2度目の対戦となるわけですが、この対比は一体どういう意味があるんでしょうか…


シューダン!

ヤマトのベタな回想でいい感じに感動しかけたところに、ゴラッソとか出てきてちょっと台無しになったのは俺だけ?

いや、ただのサッカー用語として使われているんだということ自体は認識できるんですけどもね
どうしても某打ち切りマンガがチラついて「あれ?」って感じになってしまうというか

別にあの作品が悪いとかいうのではなくてですね
この漫画の世界観とは合わないだろうものが唐突に思い出されてしまったせいで、読んでる感覚に不純物が混じったというかね

横田先生もわかった上で使ったんでしょうけども


そんで、さらにベタに同時に試合終了というよく見たことのある展開に


素直な言葉で真っ直ぐ感謝を伝えるロクがいい感じですねえ
初めて本気になった試合を、今まで何かと気にかけてくれた仲間がこんな劇的に飾ってくれたわけですから
感慨もひとしおなのでしょう

一番後ろから抱きついた状態のナナセちゃんもソウシも同じ気持ち

ここで、「ナナセちゃんに抱きつかれてる状態になってんのは誰だ?」と思ってしまう俺は汚れきっていると思います


で、そのナナセちゃんを勝利の女神呼ばわりしたことがバレたソウシ

律もやらしいバラし方するなー
全員が聞いてる前でって

勝利の何?ってロクが聞き直そうとしてる後ろから、「勝利のメガ」まで言っちゃう安定のヤス

なるほどこれは確かにソウちゃんの黒歴史増加だわw


女神って単語まで認識しながら、どういう意味なのか問い詰めようとするナナセちゃんが年齢相応に可愛い感じ

その後の試合にもへとへとながら辛勝したというのは、ナナセちゃん加入後の負け無し伝説を更新したわけですね

だからソウシも改めて思ってしまう


ロク相手に多少気を使いながらも、ロクのほうがさらに上手な気遣いをして背中を押す

「渡せねーよな」とは果たしてどういう意味でのものか

おそらくはそういう気持ちであるという感覚はまだ彼にはないでしょう
ただ漠然と「こいつがいなきゃ駄目」という気持ちを確信したまで

それでも明確な矢印の方向が生まれました

その矢印はここからどんな風に曲がりくねったり、元に戻ったりするのか
逆向きの矢印は生まれるのか

「幼馴染」の本格的な始まりですね

もうめっちゃ期待しましょう


フルドライブ

応援票を入れてみたくなった3位です

ポンコツと表現される主人公の独特な言動と、ヒロインいじりが何か妙な味わいを出しています

ていうか誰のキャラもはっきりしてない感じが上手いんだよなー

通常のジャンプ漫画だと、大体にしてこいつはこういうキャラだってことである部分を突き抜けさせた描写がされるわけですが
本作では意識的にか無意識的にかそれが抑えられているように見えます

あるいは今まであまり描かれたりしなかった部分が突き抜けていることでそう感じるのか


試合中の解説もうざったらしくない程度に収められていたように思えました
最小限でそれぞれの特徴を説明できていたんじゃないかと

そんで第3チキータとかいう必殺技的なものまであると思わせてからの、それを使わないフェイント展開
本気を出してないっていうのは通常なら「また舐めプか!」となってもいいところですが、本作ではこれが単なる腕試しであることで
実力を認めたが故に本気を見せない、という理屈が上手にハマっています


おそらく次回辺りから学校に通うことにはなるんでしょうけども、部活とは全く異なる活動としてのトップスクールでのそれは
普段の部活ものとは違った話を見せてくれそうですね


巻頭カラー ぼくたちは勉強ができない

38話での表紙&巻頭カラーとなりました

表紙にはヒロインズが並び立ってるんだろうなあと思っていたら、普通に主人公もいましたよ
ヒロインたち5人に主人公までぶっ込んでくるとは、だいぶ構図を悩んだんじゃないでしょうか筒井先生

だってねえ
この所狭しと並んでる感が作品の勢いを象徴してるというか、一番手前にいる主人公への気持ちも暗喩されてるというか
そんな風にも読み取れます

ヒロインたちが並んでる順番は単に登場順なんですけど、すごい勢いで前に出てこようとしてる感じですよね

そんでページめくったら全員の浴衣姿とか…

季節外れにも程があるw


いや作中の時期としては仕方ないんですけども
わざわざリアルの時期に合わせてカラーで水着を描いたミウラ先生と同じことはしないということですね


カラー扉は全員でのお勉強会
先生までいるってのは、扉絵だからこその風景ですかねえ

この風景が本編で実現されることはおそらくあるまい…


本編はカラーページでの予告?通りの夏祭りでした
その上でまたしても全員と邂逅する展開とは筒井先生ぶっ込んでいきますなあ

なぜ文乃とうるかが一緒に回っていたのか、なんてのは些細なことであり野暮なことであるわけですね

主人公のいるところにヒロインはいる
逆もまた然りである

そういうことですね

そして空気を読む家族…
母ちゃんはともかく幼い双子まで親指立てんなよw

同時に文乃までエスケイプしてうるかと2人きり

かき氷を食べての舌出しとはなかなかエロいことを無自覚にやりますね

次の登場するのは出店やってた理珠
祭りで焼きうどんの出店とかあるもんだっけか
祭りとかさっぱり逝ったこと無いからわからん

そして他の出店への出前とかもあるものなのか
わからんw

わかりませんが、普通にアイコンタクトで手伝える2人は良い奴らですね
自覚してはいなかったようですが、せっかくの2人きりを手放してまで手伝えるうるかはいい娘

出前先ではあんず飴をあーんするという荒業をやってのけた理珠
これはひょっとして擬似f…

いえ、何でもありません

ヒロインたち全員をぶっ込むという都合上、つなぎ方が少々甘くなるのは仕方ありませんが
出前終わったら理珠が速攻で店に戻って、主人公はその場にポツン、ってのはどうなんだw

元はうるかと一緒だったんだから出前終わったなら店戻ってうるかと合流しろよ…ってのは野暮ツッコミですね
それでも、うどん屋の手伝いを終わったら主人公と会えずじまいになったうるかが若干気の毒なような気はしますが

理珠と別れた正面の射的屋には桐須先生
射的上手いとかこの手のラブコメでは主人公のスキルのような(;^ω^)

お面付けててもすぐバレた先生が主人公から逃げようとして転んで、救護所には医院やってるあしゅみー先輩ってのは自然ですけども

擦り傷の手当もさせられるのはお約束
消毒が怖いってどんな大人だよとは思いますがw

はだけた浴衣と帯の締め具合が気に入ったので許しましょう

でも喘ぎ声はやり過ぎだと思う(;^ω^)


彼氏公認の話を言い出してる親父にそわそわしてるあしゅみー先輩が細かいですね


最後は迷子の世話をしてるうちに電車終了
そんで同じく終電を逃したらしい人影と主人公が出会う…ってところでの引きとなりました

つまりこれはヒロインズの中の誰でしょうということですね


親父と一緒に帰っただろうあしゅみー先輩と理珠は可能性なし
膝を擦りむいた桐須先生も手当後にはさっさと帰ったでしょう
残る2人のうち、うるかは最初に2人きりのシーンがありましたから…

この影の正体は文乃だと予想してみましょうか


ヤンママと幼い姉妹って構成は冒頭の主人公家族とわざと似せてるんでしょうね
主人公の家族が引き合わせた2人のヒロインのうち、空気を読んで出番を放棄した方のヒロインに、
似た家族が再び出会わせた、みたいな

次回のキモが「2人で一緒になって打開策を考える」「くれぐれも周囲にバレないようにする」という点にあるとすれば
文乃が最も適任と言えるでしょう

ひと夏のアバンチュールなんて昭和みたいな予告を見ることになるとは思いませんでしたが、
次回で終われるんでしょうかこの展開は


Dr.STONE

ルリお姉さまと千空は普通に出会いました
あれ、2人が会話するのって大会後だとばかり思ってたんですが別にそんなことはなかったのか

「知ってるかも」というルリの口から出たのは、千空の苗字を問う言葉でした
最初は普通にスルーしてしまいましたが、原始村で苗字の概念を知っているというのは明らかに異質ですね

つまり、それが「復活者かどうか」の判別になるというのが百物語の中に伝わっているんでしょうか

「いし…」の続きは「石から生まれた人ですか」とか?


でもそこでぶっ倒れるとかルリお姉さまどんだけ弱いんだ…
たかだか階段降りて十数メートル歩いただけやんけ

それだけで超咳き込みながら倒れるとかどんな病気なんですかね


謎をさらに増やしながらいよいよ始まる大会
トーナメントの考え方が存在しているのはツッコんじゃいけないところでしょうかw
それも百物語の中に入ってんのかなw

ことごとく期待と逆の結果になった対戦相手
さっそく金狼とマグマの対決になりましたが、メガネの伏線はどこで出てくるんですかね

コハクを通してスイカに焦点を当てる展開になっているのはそこへのつなぎだったりするんでしょうか
くじ引き結果にみんなで顔芸してるコマで、スイカのマスクにガラスがハマってるように見えますし
金狼が何かの拍子にあのマスクかぶるとか?

そんでたまたま度が合いましたとか


ゴーレムハーツ

センターカラーの扉を見て、先週の1話でキャラの名前を全然覚えていなかったことに気づく…
どうしても読み切りを思い出しながら読んでいたせいか、ただ博士と主人公とだけ認識して読んでいってました

おかげで扉に描かれてるそれぞれの本名が全然しっくり来ない(;^ω^)

いやまあ慣れるまでなんでしょうけども


あと少し的な引きが前回あったとおり、早速2話目で博士は死んでしまったようです

…が、やっぱりどうしてもこれが2話目でいいのか?というのは拭えないですね


プロローグ的な感じで描かれているのだと思いますけども、ちょっと冗長すぎているのではないかと
世界観をたっぷり見せるためならばまだしも、今のところゴーレムが普及している作中世界はそれほど深くは描かれていません

好評を博した読み切りの前提になる部分を連載の最初に見せられても…という違和感がどうしても発生してきますね

主人公のカッコいい場面は全然出てこないし…

これはちょっとヤバイかもわからんね


ゆらぎ荘の幽奈さん

マトラ回でした
こういう掘り下げはミウラ先生ほんとに上手いよなー


ただ「数日後」ってのがあまりに唐突過ぎて、かるらの妄想オチかと一瞬戸惑ったんですが
そんなことはなかったぜ…w

展開のつなぎ方にそのくらいの急な感じはありましたが、まあいいでしょう


そんなことよりも、キャラとは誰かとの関係性によって深まるものだというしっかり踏まえて、
主のかるらと、登場時から執着している呑子さんとの関係に限って描いていくことで
彼女という人物の核がよく分かるようになっています


御三家の一角たる実力を持つ呑子さんと喧嘩友達になりたいこと
主たるかるらに割と気兼ねなく話しかけたり、脳筋っぽいところが強いのかと思いきや
自分の要望にかこつけたデートの段取りを提案できるくらいには頭があること

さらには、自分の提案で誘った温泉デートだから何とか上手くいって欲しいと考えるくらいには繊細さも持ち合わせていること
その上で、対抗心を燃やせばかるらもコガラシくん相手に積極的になれると思ったことで自分が体を張れるくらいに
かるらへの忠義があること

とは言っても恥ずかしいもんは恥ずかしいので、自分からやったことではありながら内心は結構パニクっていること

見事な描写ですね

最初の登場時には褐色で飴をくわえて、バトルを好む脳筋みたいなイメージがあったマトラに対して
コガラシくんの前でさすがに全裸にはなれないという通常の羞恥心を持っていたり
それでも呑子さんとお近づきになるために思い切ってみたり
かるらを焚き付けるために自ら体を張ってみたり

その人となりが上手に感じられる回になっていました

さすがのキャラ描写力ですわ


他にも

褐色巨乳が自ら水着を剥ぎ取る姿とか
褐色巨乳が背中越しに横乳を見せながら尻を突き出す大ゴマとか
褐色巨乳が大股開きで誘惑する1ページぶち抜きとか
それはそれは読者への訴求力として非常に大きなものがあったと思います

これは是非ともカラー版で見るべきです
せっかくの褐色巨乳なんですから、カラー版じゃないともったいない

褐色巨乳が伝説の「あててんのよ」の亜種「あててんだよ」を実行してるんですよ
カラーで見る以外の選択肢はないですよ


褐色巨乳という属性をふんだんに使った見事な回でした


火ノ丸相撲

問題発言続いてたwww

先週の引退宣言だけでも充分に問題発言でしたけども、そっからさらにこんな話を続けてくるとは
引きのアオリにあったとおりの問題発言ですわ…

もはや挑発の域を超えてるかのような内容ですね

なんて表現したら良いんでしょうか
皮肉でもなければ嫌味でもない

言うなれば投げやり…でしょうか

自身の圧倒的実力は前提としながらも、それを正しく評価しない、評価されない現状に対して
刃皇は大きな不満を抱いている、と

相撲に対して純粋に、ひたむきに打ち込んできたであろう刃皇
44回の幕内最高優勝という大記録はそれゆえに達成されたものなのでしょうが、
その純粋さは同時に幼さをも連れていたわけですね

誰一人対等・同格に戦える相手がいない孤独
かつての久世も似たような感情を持っていましたが、それを遥かに大きな規模にしたものが刃皇の胸中なのでしょう

久世は火ノ丸や天王寺の存在を知ってその孤独を和らげていましたが、刃皇には未だそれができていない
肉体的にも精神的にもピークを迎えていない現在においてさえ、久世が11戦11敗するほどの実力差は
他の追随を全く許さないほどに突出してしまっているんですね

恐ろしいまでの純粋さがあったからこそ、それほどの領域に到達したのだと考えられますが…

それもまた「心」の有り様が相撲の実力に結びついていると言えるものでしょうか

だとすれば、刃皇とは異なる形で「心」を武器にする火ノ丸にもそこにたどり着ける可能性があると言えるでしょうか

「周りが弱かったからって」ってセリフの時、その挑発性に天王寺が反応しているのに対して
「相撲がかわいそうだ」と相撲愛を口にしている刃皇には、火ノ丸は何か「理解できなくもない」みたいな顔をしてるように見えるんですよ

そこに、何となく刃皇と火ノ丸の「心」の共通項というか類似性を感じたんですけども如何でしょう


「問題発言」の中で引き合いに出されている大和国親方が、解説席から即座に刃皇のフォローを入れているのが上手い構成です
それもまた火ノ丸と同様に、刃皇の言葉をある程度肯定するような印象になっているからですね

決して刃皇が1人で暴走しているわけではないのだということを示し、一定の説得力を持たせています

そこに、刃皇を制止するため現れたのは大包平
国宝世代の1人である彼は、進学とか言ってましたけどしっかりプロ入りしてるじゃないですか
そんでしっかり関取になってるじゃないですか

刃皇と同じ部屋に属してるのは、ちょっと後ろ向きな感情の推測もできなくはないですが
こういう時の世話ができそうなキャラとしては打ってつけですね

でも「発言を撤回して」ってさりげなく誘導しようとしたのは失敗していました
むしろ刃皇の怖さをさらに引き出す結果に…


その後の展開も非常に上手くまとまっていました

あんなインタビューに黙っていられるはずがない刃たちが横綱の前に勢揃いする

大関童子切をはじめとした彼らが一斉に物申す輪の中に、火ノ丸はあえて加わらない
現状の番付の差と実力の差を鑑みて、あえて離れた場所から眺めるに留まりました

関脇の冴ノ山は遠慮なく輪の中に入っていってよかったでしょうに、作劇の都合とは言えそれをしなかったのはもったいないですね

しかし、童子切や大典太がどれだけ言っても聞き流していた横綱が唯一反応したのが火ノ丸の殺気というのが上手いですよ
幼さが前に出ている時の横綱ですから、その反応は良くも悪くも他意のない本気のものと言えるでしょう
あるいは「獣のよう」と評された状態での反応は、本能が察知したものと言うこともできます

その横綱が、ただ1人火ノ丸の殺気にだけ不快を催した

その事実が示す針の穴ほどの可能性が、終わらない夏の蒸し熱さを感じさせてくれるようです


新展開は来場所に向けた内容になると思われますが、果たしていかなる内容でしょうか
ただの修行編になるわけはないと思いますが…


食戟のソーマ

2号連続つながるセンターカラーの反対側は、やっぱり竜胆先輩が上に乗ってました
そらそうだよなー

残りのメンツ4人でそれぞれ作った騎馬が向かい合って、対峙しているという構図
先週負けたばっかの叡山が早速ハブられているのが悲しいのであるw

あ、でもよく見ると創真たちの側にも一色先輩がいないのか


本編は、竜胆先輩を支える騎馬としてすっごい辛そうな顔を見せていたもも先輩
確かに司先輩を先頭にしたあの身長差で後ろ支えてろってのは結構きつそうですけどもw


もも先輩の品出しと実食まで終えてしまうとはまあスピーディですね
何か今回の料理はたしかに美味そうかもしれないと俺でも何となく感じましたよ
甘いものとか普段全然食えないんですけどw

司会者と一緒になってどっかのお嬢様キャラみたいな状態になってるアンを見る限り
なかなかの品であることは間違いないようですが

対する田所さんは果たしてどんな品を出してくるのでしょうか

ひょっとして創真たち3人とも同じ品作るんじゃね?っていう直感は大外れしてしまいましたが
この3戦目は全勝するというもう1つの予想はどうなるか


フリーのスポ根描写で安易に繋がなくていいから早く料理の方をだな


 




鬼滅も相撲も衝撃展開だった2017年週刊少年ジャンプ48号感想

2017年週刊少年ジャンプ48号感想

リコピンは何か読みづらいな…


アンケ順
鬼滅の刃
シューダン!
ぼくたちは勉強ができない


・新連載 ゴーレムハーツ
・Dr.STONE
・食戟のソーマ
・フルドライブ
・火ノ丸相撲
・ゆらぎ荘の幽奈さん


鬼滅の刃

炭治郎が起き上がった扉は、本作におけるいつものパターンですね
前回の引きから続く本編の始まりや導入部分を一枚絵で見せてくれることにより、強い引力を示してくれるやつです

ざわつく胸が知らせる異変とのアオリの通り、本編では大変なことになっておりました

急激な鬼化による暴走で、先週はとてつもない戦闘力を見せていた禰豆子ちゃん
しかし今週はさらに輪をかけてヤバイことになっていました…

切断された四肢にも首にも神経を行き渡らせ、力を込めた挙句に
流れる血ごと元に戻ってしまうとは…

その上、このタイミングで血が爆ぜる血鬼術を発動させるとは…

全身を炎に包まれた堕姫が「火」に怯えていたのは、日に通じる火という要素故でしょうか
それこそ日の呼吸が火の呼吸に通じるかのような描写ですね

そうなると、ヒノカミ神楽=日の呼吸?を使う炭治郎に対して
禰豆子ちゃんの能力が火にまつわるものだったのは意味があるのかもしれませんね

致命傷を与えることが出来ないはずの鬼同士の戦闘において、受けた傷の治りが遅い上に鬼の体だけ燃やすとは意外な性質です

つまり堕姫の帯や下着は燃えずに皮膚だけが焼けただれてしまったということでしょうか

花魁として美を誇ってきた堕姫に対して、これはかなりのダメージです
顔半分が焼けてしまってるとか物凄いことになっております


しかしそれよりも、禰豆子ちゃんの変貌に対する読者のダメージのほうがでかいかもしれませんね

四肢に首を斬られても即座に元に戻ってしまうシーンは、それこそ完全に人を捨てたかのよう
そこから堕姫を蹴り飛ばした先で偶然堅気に出くわしてしまった時のあの緊張感と言ったら


襲う…のか?のか?
喰う…のか?
って恐怖がページをめくる手を一瞬躊躇させました

いや、でもまさかそこまでは、と思い切ってめくったページの最初には
目を血走らせて口からは涎を垂らして女性に走り掛かる禰豆子ちゃんの異形

その光景が意味するものは、禰豆子ちゃんの鬼としての処分と、炭治郎・鱗滝さん・義勇さんの自害です

「とうとう一線を越えてしまった」
そう思った次の瞬間、ギリギリのところで炭治郎が間に合いました

尖りきった牙を剥き出しにする禰豆子ちゃんの口に刀を噛ませて、絶対に「それ」だけはさせないようにする炭治郎

禰豆子ちゃんを人に戻すことも大切ですが、それよりも何よりも重要なのは
鬼となった今の彼女に誰も喰わせないこと殺させないこと

サブタイの意味するものはおそらくそういうことではないでしょうか
それがなされなければ、人に戻すも何もあったものではないからです

だからこそ炭治郎は、最優先で禰豆子ちゃんの口をふさいだ

暴れる彼女の爪にどれだけ自分が血を流そうとも、とにかく禰豆子ちゃんに誰も傷つけさせないことを一番にした

長男…いえ兄としての決意と覚悟が窺えるシーンですね


これ、最初は抜き身の刀を禰豆子ちゃんにくわえさせたのかと思ったんですけど、鞘に入ってるっぽいですかね

向きからして峰の部分を禰豆子ちゃんの口にあてがってるから怪我はしないけど
必死になって抑えてる炭治郎の左手は刃の部分で思いっきり切れまくってるんじゃないかと思ったんですけども

さすがに鞘には入ってるか…


とは言え、そんな人の覚悟も暴走する鬼の力の前には些細なものにしかならない
炭治郎を背負ったまま跳び上がり、さらに人の多い建物の中へ入ってしまうとは

そこにブチ切れ状態の堕姫まで現れたら、もう完全に炭治郎1人の手には負えない状況です

周りには何人もの素人、両腕の中には正気を失って今にも人を喰おうと暴れる禰豆子ちゃん、目の前には怒りまくる上弦の鬼


それでも諦めようとはしなかった炭治郎の前に、ようやく宇髄が到着しました

…が、何やら衝撃の事実が明かされる展開になってきましたよ


やっとこさ加勢が来てくれたのはいいんですが、意外な展開です

まず1つは、暴走状態の禰豆子ちゃんを見た宇髄の反応ですね
割と冷静じゃねーか…

お屋敷ではかつての煉獄さん同様に積極的処刑派だった宇髄が、こんな状態になった禰豆子ちゃんを見て
特段殺気も何も抱いてないのはとっても意外でした

「何だこのていたらくは」とか、え、そんな軽く済ませてくれんの?

やっぱだめじゃん今すぐ処分だな、って風にはならないの?
いいの?

いやそれはそれでこちらとしても助かるんですけども


そんで2つ目に、堕姫上弦じゃなかった説ですね

弱すぎなんだよ、って言った次のコマで堕姫の首が落ちてるのは
ひょっとして到着と同時に宇髄が斬ってたのか?

じゃこれで堕姫死亡?

まさか?マジで?


探ってたのはお前じゃない、とはつまりここにはまだ別の鬼がいると宇髄が予感していたってことですよね

善逸たちを捕らえていた蚯蚓帯がひょっとして別の鬼じゃないか?ってのは前に感想の中でも書いたことがありましたが
帯として堕姫に回収されたことで単なる自動操縦だったと認識してたんですけども

それはミスリードだったんでしょうか
それとも今まで全然伏線としても登場してないやつが裏にいたりするんでしょうか


つって、しっかり堕姫の目には上弦の文字が刻まれていますよねえ
珠世さんのところで十二鬼月を自称する鬼と戦った時には、目に数字が刻まれてないってのが偽物の証拠になってましたが
今回は何が根拠になるんでしょうか


シューダン!

ヤバイ…
一回そういう予感を感じてしまうと、もうこの盛り上げ方がそういうことにしか感じられなくなってきたぞ…

波動砲で勝ち越しゴール決めるとか何かどう見てもorz


OK落ち着け俺
まだ慌てるような時間じゃない


すじピンの20話とか、コミックス取り出さなくても内容覚えてるくらいですけど
その後22話で終了してもおかしくない大団円な感じになっていましたね

あるいは横田先生、今回も20話前後で完結できるくらいの構成にはしておいて
実際その後も続けられるかどうかはその時次第みたいなつもりとかそういうわけじゃないよな

ひとまず応援票で引き続き2位に入れときますよ


ぼくたちは勉強ができない

そして3位まで先週と同じという…

おい
このマンガまじ構成が上手すぎるだろ

おかげで来週は表紙&巻頭カラーとかなってるじゃねーか!

来週って38話だよ
まだ1周年経ってねーよ

2度目の表紙&巻頭カラー達成速度ランキングの記事にこの前のドクストとロボレザもまだ追加できてないのに、こっちもかよ
何ということでしょう

これで、新連載6連発のうち、3つは打ち切りで3つは1周年前に表紙&巻頭カラー達成っていう両極端なことになったわけか…
ヒット率5割ならまたやるかもしれませんね6連発


いや、でも本作の人気の理由もわからんでもないのがまた

連載が始まった当初は奥行きの少なさが心配になってたりもしたんですが、今となってはしっかりそれぞれのキャラで回せるようになってますもんねえ

妹ちゃんなんかもはやベタを通り越してるかのようなお兄ちゃん大好きっ娘で、ある意味ヒロインズよりも人気があるかもしれないという
エプロンに「正妻」とか書いてあるってどんな妹だよ(;^ω^)

ていうか今回妹メイン回なのかと思ったわw
妹の誕生日に兄貴の主人公が頑張ろうって内容で、まさかヒロインたち全員が登場するとは思いませんでしたよ

個別ターンを繰り返していくんじゃなく、それぞれのルートやフラグをしっかり絡ませていくって
筒井先生どんだけ読ませる展開を描いてくれるんですか

理珠がうるかに相談を持ちかけるとか、うるかがあしゅみー先輩に連絡するとか
厳密に言ったら「え?」って思わなくもないんですけど、それよりもこの話の連鎖と言うかドミノが続いていく様子を見るのが楽しかったというのがね

文乃の単なる打ち間違いからどんどん話がこじれて行く様子が実に上手いです
彼氏と聞いて何故かメガネ男子限定になってるうるかとか
恋愛経験に見栄張って彼氏らしき相手がいるとか言っちゃうあしゅみー先輩とか
対抗した勢いで部屋に掃除に来てくれた男がいるとか明かしちゃう桐須先生とか

これはすげえ
全部見事に主人公のことですよ

何というフラグの交錯でしょうか

個別ターンを踏まえた内容として実に上手い


で、そのバタフライ効果の行き着いた先は、最初に文乃が望んでいた内容だったというのもね
しっかり同じ本を引き合いに出して説明してる構成が見事

ここで桐須先生が動いてくれた理由が、「平行線の距離が近づいた」ことっぽいというのがまた
ちゃーんと今までの内容が積み重なってるのがいいですねえ

やべえ
何かこの前から筒井先生の作劇力を褒めることしかしてない気がするんですけど
他にないのか俺


新連載 ゴーレムハーツ 大須賀玄

かつて読み切りとしても掲載していた作品で連載デビューとなりました大須賀玄先生

読み切りは割と好印象だった記憶がありますが、この第1話は正直うーんという感じが拭えないですね

始まるまでは、未知の作品だったフルドライブよりもこっちの方に期待感が大きかったりしたんですが
それぞれの1話を比べてみると、こちらは読み切りを知っている分だけ辛い印象を感じてしまいます

最も違和感だったのは、なぜ主人公が独り立ちする前の話にしたのかということですね


読み切りでは博士と離れて独り立ちしていた主人公が、自身もゴーレムである事実を秘めつつ旅をしてる…
みたいな感じで、世界一ではなく世界二のゴーレム術師、ゴーレム博士だっけ?になるとか言っていました

自分を作った博士へのそうした畏敬の念と、人よりも男らしいゴーレムの主人公が割とカッコよく映ったのが読み切りの魅力だったと理解していたんですけども

この1話は、まだその博士の保護下でわけもわからないままに色々やって、空気は嫁てないし迷惑だし、って形になっていて
読み切りで抱いた主人公のカッコよさをすべてリセットというか、消去してしまった感じになっていました

「あと少しだけ」ってことは、3話あたりで博士と離れることになるまでのプロローグなのかもしれませんが
連載開始の貴重な数回をそこに費やすのは果たして大丈夫なんでしょうか

和月先生がしくじったガンブレ状態にならないだろうな…

当時の最大限を出し切っただろう読み切りと同じような話をもっかい第1話として描けってのも
作者側からするとかなり難しい要求ってのもわかるんですけどもね


人ではないゴーレムのハートを描こうとする作品で、まだまだ子供な主人公がとにかく思ったままに行動して迷惑ばっかりかけてて
深刻な危機の時に博士の力を借りてどうにか対処できた、って第1話はテンプレっちゃテンプレなんですよね

描かれてたのは主人公のハートというより博士の心意気の方だった気もしますし

ちょっとこの1話はあんまりよくない…かな?


Dr.STONE

また何か一気に話が進んだなおい

この一気呵成な感じは硫酸が最難関素材だったことの裏返しとして理解できるんでしょうけども
実際に手に入れるまでがあれじゃあ、というのも残りますね

ただそれはそれとして、今回のケミカルクッキングは割と楽しかったようには思えます

硫酸を元にして次々作り出す薬がひたすらヤバイやつばっかりというのをギャグ的に処理していくのは
作画力あってこそのものでしょう

ゾンビとかヤクザとかって単語が原始村の彼らに通じたかどうかというのは怪しいところですが、
そこはまあ

薬作りが一気に佳境に入るっつっといて精製したのが全部劇薬だったとなれば、そりゃコハクも怒りますわな
その上アンモニアの獲得だっつって離れた場所に行ったかと思ったら千空とクロム2人して小便してるとか
それはやっぱり怒りますわなw


で、残る最後の材料は翌日の御前試合後に手に入ることが明らかになりました

ていうかもう翌日だったんですか

千空もしれっとエントリーして、八百長まで駆使した優勝狙いの作戦を取る模様
お姉さまを助けることを優先して、苦い顔をしながらもそれを認めてくれたコハクは物分りのいい娘ですね


エントリー者の中に千空の名を聞いたルリお姉様が何やら反応を示しました
これは、百物語の中に千空の名前が登場しているってことでしょうか

つまり百物語を残した村の初代は千空のことを知っていたのか?

俄に謎を示すような引きとなりましたが、御前試合って何週かけてやるんでしょうかね
金狼のメガネとクロムの片思いって伏線も残ってますし、八百長がその辺をどーにかするんでしょうか


食戟のソーマ

2号連続センターカラーだそうな
つながるカラー扉ってことは、次回は十傑たちが登場するんですかね

モチーフは運動会ですね

騎馬戦を使って、それぞれが協力してる様子を描くと

えりな様の生足が美しいのである…

これはなかなかの極上な脚ですね

ブルマを履かせてるらしいあたりも芸が細かいと言うか、標的をわかってるというか
むしろ今の小中学生とかには伝わらないんじゃないのか?

創真たちの神輿がえりな様だってことで上に乗ってるのもえりな様みたいですが、
これ次回の十傑側はたぶん上にいるの一席の司先輩じゃなくて竜胆先輩だよねきっと

それしか想像できないのは俺だけではないでしょう



本編は、タクミの必殺ピザ実食

アニメ三期に合わせて「3」を強調する品として、4種類のチーズを組み合わせたそうです

え、そこは3種類とかじゃないんですか
そこはいいんすか

でもアンさんのリアクションが今までで一番色っぽいかもしれない…
大きく喘いだ唇に口紅らしきものがあることと、3本指を立てて大事なところを隠す両手のうち、
股間を隠す左手が何やら艶めかしいことが原因でしょう

股間隠すのに指3本ってのがたぶん妙にハマってるせいだ…

おっぱいを隠してる右手の方は、胸からはみ出る形で3本指が立ってますが
これが中指の先とかで左のトップを隠したりしていたら、さらに破壊力が増していたことでしょう

やっべ…
クッキングリアクションの中でもこれは結構好きな方かもしれない…


これだけのリアクションを実現させてくれた皿をタクミが作ることができたのは、
スタジエール先で会得した知識と技術もさることながら、美作との勝負のおかげだそうな

悪意を持って突っかかってくる敵に対して、最大限に有効な攻撃は相手に感謝してしまうことなんですが
タクミはそれをやってのけたわけですね

おかげで叡山の矮小さが果てしないほどに強調されることになっています
期待していた顔芸はそれほどでもなかった…というのが正直なところですけども


必殺料理ではなく、自分が切り拓いてきた料理という荒野を相手に見せつける一皿として双月ピッツァを完成させたタクミですが
この双月という発想は半円にそれぞれどんなピッツァを合わせるかというパターンによって他にも応用が効くことでしょう

それがタクミの必殺料理になるとしたら、1つ楽しみなところが増えそうですね


満場一致での勝利を受けて、弟に手を振るタクミ
その顔にはずいぶんな汗が浮かんでいます

この汗については調理中から描かれていたのが気になっていたんですが、ひょっとしてこれは司先輩や竜胆先輩と同じようにMPを消耗してるって描写なんでしょうか

敵の出方を予想し、それに合わせた調理を施して
最終的には4種類のチーズの味をバランス良く整える

確かにかなり神経を使う調理であったことでしょう
くわえて3人でサポートし合っていたんですから、その疲労は多いでしょうね

そういうことだとすると、タクミの出番はひとまずここまでということになるでしょうか


創真と田所さんは別に汗ばんでる様子じゃないのが引っかかりますけども(;^ω^)

タクミの勝利を見て唐突に焦りだした司会者はえらく不自然でしたが、まあいいとしましょう
続いて焦点が当たるのは田所さんの対戦のようです

対戦に出てきたメンツの中で最も格上となる三席のもも先輩相手に田所さんはどう戦おうとしているんでしょうか


フルドライブ

新連載第2話

1話は主に画力の点からそれほどの好印象を抱けませんでしたが、どうやら感想界隈では割と評価が高いようです
それを踏まえて読んでしまったからでしょうか、「確かにいいかもしれない…」とか俺も思ってしまいましよ

登場キャラたちが変に捻てないのがまず1つ
いい意味で普通の奴らというか

もちろんストーリー上の役割はありますからその部分においては突き抜けているみたいですが
それ以外では普通やん、というのが彼らを身近に感じられるようでいいですね

主人公に対してツンデレみたいな態度を取りながらも、オーナーには頭上がらなかったり
練習場に入れば散らかってるピンポン玉を普通に片付けようとしてたりするヒロインとか

急にやってきた知らない奴に、不敵な雰囲気を醸し出しながらも余計な悪口や蔑みを言うことなく普通に挨拶するライバルその1とか

その挨拶で、手を握る握らないというところにこんだけの熱を込められるのも珍しいと思いますねえ

まあ卓球選手限定みたいなことになるんでしょうけど、握手は試合の時しかしないってのから始めて
ラストの引きで「じゃあ手を握ろうか」と試合やる宣言に繋げるのはとっても上手いかなと

手を握るってのは通常ならもちろん協力の象徴なんですが、今から戦う相手とそれをする
互いに相手への敬意と持ち、自分のプライドをかけて戦うことの所作ですね

初対面での握手も、試合前の握手も、ありふれた場面ではあるわけですが
演出としてはいいズラし方だと思います


これは連載を重ねて画力がめきめき上がっていけば、かなりいい作品になれるかもしれないですね


火ノ丸相撲

うおお…1週どころか数ページで決着しちまった…
あの草薙がまるで雑魚扱いとは…

刃皇という横綱がどれほどの高みにいるのか、まざまざと見せつけてくれる一番です


大和国に引退を決意させた男
歴代最高の優勝回数を今なお更新し続ける横綱

大和国を超えたと言われるのも頷ける話です

この尋常ならざる強さは、確かに最強と呼ぶに相応しいのかもしれません


インハイで火ノ丸とあれだけの死闘を繰り広げた草薙が、
3年の稽古とプロ生活を経てあの頃の何倍も強くなったであろう草薙が、
それでも全く勝てない横綱

今回が初顔合わせとは思っていませんでしたが、まさか10戦全敗とは

11戦目の今回も、立ち会いと同時に剣を根元から折られて
大和国から受け継いだ必殺の右上手を殺される

剣を折られる瞬間の草薙の顔はどうですか

静謐の相と称されて、静かなる横綱相撲を取るはずの男が
あんな形相してるなんて迫力ありすぎですよ

横綱の正統後継者を自負する草薙を、雑魚同然にぶっ倒して前人未到44回目の幕内最高優勝
しかも全勝優勝

頂点というその強さを、その高さを、その遠さを、たった数ページでこれ以上無いほど見せつけてくれました

火ノ丸の顔が強張るのも無理がありません
それでも挑む気持ちを捨てていないのはさすがの心ですが…


そしてその後の優勝インタビューでまさかの展開

何と来場所優勝したら引退すると言い出しました
泣きながら言ってるところからすると、本心はまだまだ続けたいということなのでしょう
解説してた大和国親方も刃皇はまだまだ伸びるとか言ってますし

しかし、自分に並び立つ者が一向に現れない不満がそれを上回る

44回の優勝ってことは、1年に6場所として7年以上にわたって優勝しまくってるってことですよね
さすがに44場所連続ってわけではないでしょうけども


僅かなミスが敗北につながる土俵の上で、横綱になるということは人間をやめるということに等しい
神にも近いその玉座で、ただ1人君臨し続けることに刃皇は飽きてしまったということなのでしょうか

相撲は1人では出来ない

2人揃って初めて成立する

ならば、強すぎる者が1人だけいたところで、それでは相撲にならない


そういうことなのでしょうか

号泣しながらのくせして、言ってることは真正面からの挑発です
体はまだまだ元気ですがなんて大景勝を意識したものですし、自分のいない土俵で二位争いしてろなんて勝ち逃げ発言は
間違いなく他の力士たちの逆鱗に触れるものでしょう

聞いた直後の今は驚きと戸惑いでよくわからない気持ちになるかもしれませんが、時間が経つに連れて
その挑発的意図に誰もが気がついていくことでしょう

来場所が灼熱の死闘になるとはこれを指していたんでしょうか

横綱になるのを目指すのではなく、刃皇に勝ち逃げさせないこと
ほっといたらまた全勝優勝してしまいかねませんから、どうにかして刃皇に土をつけようと国宝たちが躍起になるのでしょう

最強がいなくなった土俵の上で二位争いなんて、こんな虚しいものはありません
彼らが目指しているのはあくまで頂点

自分にも他人にも誇れる頂点なのですから、たとえ横綱になれたとしても「二位争いの結果」なんて最初からケチのついてるその座に
何の意味があるでしょうか

これはかなり来てる発言ですよ

ていうか「次号刃皇が問題発言…!?」とかアオリが言ってますけど、今週のこれが問題発言じゃないのか?
来週さらにまだ何か続くのか?


ゆらぎ荘の幽奈さん

千紗希ちゃん回でした

扉絵で抱きしめてるぬいぐるみが、まるで幽奈がコガラシくんからもらったバンカラうさぎみたいだ…
千紗希ちゃんにとっての抱枕≒仮想コガラシくんに当たるんですかね

だからそんな夢見るんだよw
完全に欲求不満な状態じゃないか…

どうぞごゆっくりって叫びで目が覚めるシチュエーションもかなり珍しいと思うんですけども
お母様には聞こえてなかったんでしょうか


しかし、何と言っても今週最も特徴的だったのは、誰も女体に触れたり感じたりしてないってことですね

コガラシくんが転んで胸に突っ込んだりすることも、ぱんつに变化させられることもなく
何かの拍子に誰かの服が脱げるわけでもなく、ぱんつが無くなるわけでもなく

ただただ千紗希ちゃんがひどい目に遭ったというだけです

夢咲先生の術の影響を受けているのは千紗希ちゃんだけであり、コガラシくんや幽奈は何にも変わっておりません
ただ千紗希ちゃんの視界がおかしくなってしまっただけ

着ているはずの服が見えなくなることで、自分が全裸であるように錯覚してしまう
読者にはノルマも兼ねてしっかりその全裸が描かれておりますが、コガラシくんには別に見えていないわけです

ただし、ここに1つミウラ先生の巧妙な仕掛けがあります

「俺には普通に制服着てるようにみえるけど」
こうしたコマでは通常、それを喋る人物から見た様子が描かれるのが普通です

ここでは、そう言ってるコガラシくんに見えている光景として、
制服を着た状態で胸と股間を押さえてしゃがみ込んでる千紗希ちゃんが描かれるのが普通の作劇方法

しかし、ミウラ先生はそうしませんでした
全裸状態の千紗希ちゃんを前にして、「普通に制服着てるけど」とコガラシくんに言わせたわけです
これにより、今回の本編が完全に千紗希ちゃん視点のみになっているんですね

他人に見えている景色など、実際にはどうなのかわからないのが普通であり、
自分には全裸に見えていても「いやちゃんと服着てるよ」と言われれば、後はそれを信じるかどうかだけです

だから、実際のところはどうなのかわからない

あくまで今回は千紗希ちゃんの視点で読ませるために、他のキャラの視点を介入させなかったんですね

それによって生まれているのが、動揺する自分の言い分を全面的に受け入れて、
その気持ちを少しでも落ち着かせようとしてくれるコガラシくんの優しさにキュンキュンしまくってる千紗希ちゃんへの大きな感情移入です

傍から見たら胸とスカートを押さえて座り込んでる自分は明らかに変なのかもしれない
それでも、全裸に見えてしまう以上は普通になんて動けない

それを察して、制服を着ているはずの自分に上着を羽織らせてくれるコガラシくんの優しさに
大いなる安らぎを感じてしまっている

コガラシくんの上着を借りるのは思い返せばこれが初めてではなくて
かつての瞬間を思い出したら、今までよりもさらに鼓動が強く大きくなってしまう

むっつりヒロインとしての地位を確立している千紗希ちゃんが、珍しく正統派の純真な気持ちに震えまくっている場面となりました


…なのに、そのタイミングで術の影響が悪化するという

上げて落とすとはまさにこのことですね

あのキュンキュン顔からのコガラシくんマッパとは誰が予想できたでしょうかw
千紗希ちゃんがまともに見てしまっただろうコガラシくんのコガラシくんは、果たして彼女の脳内が視界に反映されたものか、それともガチか


伝説のToLOVEるでは、リトさんのリトさんを目にしたことがあるヒロインとそうでないヒロインとが明確に存在していましたが
果たして本作でもそうした区別が存在することになるのでしょうか


 




人間の主人公が魔界で悪魔的な生活…!? 『魔入りました!入間くん』 西修

入間くん


魔入りました!入間くん 西修

誰かさんの紹介を受けて読むようになった作品その…いくつだ?

実は1巻から買ってたんですが、2巻が発売されちゃいましたね

元はジャンプでデビューし、SQで連載したりもしていた西先生が
チャンピオンで連載を始めた作品です


とか言いつつ、何となくジャンプっぽさを感じるような気がしないこともないのは俺だけでしょうか

設定はチャンピオンらしく?ぶっ飛んではいるんですけども、導入以降の展開は非常にわかりやすく進んでいるんですよね

両親に金で売られて魔界へ連れて行かれた主人公入間くんは、自分を買った爺さん悪魔の頼みを断りきれずに
「孫」として生活することになってしまう…というところから始まる本作

頼まれたら断れない性格
物理的攻撃の回避力は特級
悪魔だらけの中で発動する人間としての性質

それらが合わさった結果どうなったかと言えば、魔界の学校に編入して1日で学年首席を締め上げて下僕にするという事態でした


つまり本作は、他人の頼みを断れない「良い人」な主人公が、平穏な生活を望む気持ちとは裏腹に
悪魔だらけの魔界学校で何故か高い評価とステータスを獲得していく…というドタバタコメディなんですね

『エヴァンスの嘘』と同じように、主人公の意思とは逆に発動してしまう主人公特権をコメディとして描くことであまり難しく考えずに読んでいける作品に仕上がっているわけです

少年誌で子供を金で悪魔に売る…ってのは割と突飛のような感じでしたが、「どういう作品であるのか」というのが割とわかりやすかったのは
何となくジャンプっぽいかなと思いましたがどうでしょうか



ただ、ですねえ

1巻の展開をもったいない…と思ったのはおそらく俺だけではないでしょう

何って、クララ登場のエピソードですよ

下僕もできて、使い魔も得て、主人公が悪魔的生活をしていく形が順調に出来上がっていってるな!ってなったら
次に必要なのは美女であることは火を見るより明らかなはずじゃないですか

それがまさか、ヒロインというよりマスコットに近いキャラが出てくるとは


いや、アスモデウスとクララと入間くん3人がセットになったことで序盤における主人公周りが何となく固まった感があったことは否定しませんが
それでも本作の本質を踏まえてワクテカで期待していたヒロインとしては、非常にもったいないと思ってしまうのが正直な感情でした

だって主人公が望まない評価とステータスを勝手に手に入れていってしまうコメディなんですよ


1話で学年首席を下僕にして、2話では先生を使い魔召喚した入間くん
そう来たら、じゃあ次にやる話は決まってるでしょうよ

そうですよ
ヒロインでしょう?常識的に考えて

惚れっぽい美女悪魔とか、思い込みの激しい美少女悪魔とか、あるいは
絶妙な勘違いで主人公をカッコいいと思ってしまったとか、そういう感じのヒロインが登場して、
入間くんをさらに振り回すんだろうなと期待したわけですよ


…なのに、主人公に素でカッコいいことをさせてしまうとはどういうことでしょうか


本作の特徴を踏まえると、3話はとっても異質なんですよね

1話2話は主人公自身思いもしなかった展開によってまさかの名声を手に入れてしまうという
主人公の意思とは反対の結果になっていましたが、3話の場合は入間くんは普通に自分の意志でクララの手を取っているのです

それは別に思いもしなかった展開とかではないわけです
読者にとってもそれは同様で、完全に後の展開が想像できてしまう流れでした

しかもその予想できる流れは、1話2話とは全く反対の主人公の意思が発露する展開であったこと

2話までに読者に理解させた作品の特徴を自らひっくり返す内容だったわけです


そこはどうしても違和感がありましたよね


2巻で美人生徒会長アメリが登場してきたのは、やっと出てきたよ、という感じでした


ただ、西先生はその違和感が発生することをわかった上で描いていたようにも思えます
仮にもジャンプで下積みと連載を経験したことのある方ですし、チャンピオンの編集部とてその程度気づかないはずはないでしょう

ならば、それをあえて冒してでもクララを先に登場させたのはなぜか

想像してみるならば、まずは入間くんに「友達」を作ることを優先したと考えられるでしょうか

ひたすら主人公が振り回されて疲れ果てる展開もいいが、振り回されつつも少しは穏やかで楽しく過ごせるような、そんな雰囲気作り
まずは入間くんに魔界を少し気に入ってもらうことを優先するために、先にクララと出会わせたのだろうかと

それがなければ、2巻ラストで努力を重ねる展開は説得力を持たないですからね
あの直前にクララが登場していたとしても、友達らしさが取ってつけたような感じになってしまう恐れがあったでしょう

とすると、あえてヒロインは後回しにして先に主人公周りの楽しい雰囲気を優先した、と考えるのは吝かではないように思えます

ジャンプだったら絶対アメリが先立っただろうなあと思うと、この辺に違いが表れているような気もしてきますね


ともあれ、2巻で「自分のために頑張る」ことの喜びを実感した流され系主人公入間くんが
次はどんな事態に遭遇することになるか

3巻も楽しみにしてみましょう








 




 | ホーム |  »

カレンダー+最終更新日

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター